学園創立100周年記念事業募金

ごあいさつ

インターネット募金

学園創立100周年記念事業募金へのご協力のお願い

肖像

甲南学園が創立者平生釟三郎先生の建学の精神によって創立されてから、来るべき2019年に100周年という輝かしい歴史を刻むことになります。今日ありますような学園として発展を遂げることができましたのも、関係各位のご支援、ご努力の賜物と感謝申し上げます。

学園では、甲南新世紀を迎えるにあたり、更なる発展のため、様々な新プロジェクトの準備を進めております。これらのプロジェクトを推進・実現し、甲南を「世界に通用する学園」として誇れるもの(Respectable KONAN of the World)にすべく、広く皆様からのご厚志・ご協力を頂戴いたしたく、この度、『甲南学園創立100周年記念事業募金』を開始する運びとなりました。

今回、学園のご意向により、不肖ながら募金委員長を務めることとなりました。大役を仰せつかり、身の引き締まる思いではございますが、大変厳しい募金活動となることが予想されますので、皆様方には強いお力添えを賜りたくここにお願い申し上げます。募金の成功に向け、甲南を愛する皆々様方と共に、「オール甲南」体制で臨みたいと存じます。
つきましては、大変厚かましいお願いではございますが、学園創立100年の節目にあたり、募金活動にご賛同を頂き、ご支援、ご協力を賜りますよう伏してお願い申し上げます。

学園創立100周年記念事業募金
募金委員長 小林 豊

学園創立100周年記念事業へご支援を!

甲南学園は2019年に創立100周年を迎えます。甲南100周年そして甲南新世紀へむけ学園創立100周年記念事業の推進がそのペースをあげてきています。目標は、甲南を「世界に通用する学園」として誇れるもの(Respectable KONAN of the World)にするところにあります。これら事業の推進にぜひ皆様のお力をお貸しいただきたく、小林豊大学同窓会長・学園理事に募金委員長の労を執っていただき、学園創立100周年記念事業募金活動を、この度、開始いたしました。

大学にあっては建学の精神と甲南大学のもつ規模(medium-sized)とをともに活かす甲南新世紀KONAN Higher Quality教育を目ざし、学生会館一帯をKONAN INFINITY COMMONSにリニューアルし温故知新の教育空間を創生。圧倒的少人数教育の実現。「高大接続」・「社会接続」をともに担う「共通教育」革新。融合型グローバル教育の展開。セミナー施設・スポーツ施設の充実。これらはすべてactive-interactiveの学び、正直さ・規範(integrity)・自立心(independence)の涵養、個性を力へ(individualization)の教化、という甲南教育の基本精神にもとづいています。

高等学校・中学校にあっては“世界に通用する紳士たれ”を現実のものとすべく、flexibleでありtoughである甲南教育に努め、高等学校・中学校100周年記念グローバル教育推進・教育環境整備にとりくみます。

これらに加え、学園に100周年記念“わがくるま 星につなぐ”甲南の星奨学金制度を設け、俊英たちを大いに励ましてまいります。

これら100周年記念事業に100億円を投ずる計画ですが、このうち20億円を皆様からのご寄付によって支えていただければと願っております。甲南新世紀に思いを馳せ、ご芳志頂戴できれば有難く存じます。どうか宜しくお願い申し上げます。

甲南学園理事長
𠮷沢 英成
甲南大学長
長坂 悦敬
甲南高等学校・中学校長
山内 守明