建学の精神

創立者平生釟三郎

平生釟三郎は甲南学園の創立者です。武門に生まれ、実業家として東京海上保険をはじめとする損害保険業界の近代化に貢献し、川崎造船所の再建を成し遂げて、その名を揚げました。

また大阪自由通商協会常務理事となって自由貿易を説き、経済更新会を組織して実力本位の経営を論ずるなど、経済人としても活躍しました。そして社会事業家としては、患者本位の治療を施すために甲南病院を設立し、相互扶助の精神に賛同して灘購買組合の結成に協力を惜しみませんでした。さらに貴族院議員や枢密顧問官に任ぜられ、政界においてもその名を留めています。とりわけ広田弘毅内閣の文部大臣として、義務教育の年限延長や官学と私学の差別撤廃、それに師範教育の改善を提唱したことは、特筆に値しています。

平生はしかし、母校である高等商業学校の主計学校で教鞭を執り、兵庫県立神戸商業学校の再建にあたるなどの経験を踏まえ、教育事業家ないし教育者であることに自己の天職を見いだしていました。人格の修養と健康の増進を重んじ、個性を尊重して各人の天賦の特性を伸張させる教育理念を掲げ、これを実現するために甲南幼稚園および甲南小学校の設立に参画し、甲南中学校さらに七年制の甲南高等学校を創設。また育英事業として人類の共存共栄を謳う拾芳会を私財を投じて設立し、兵庫県教育会会頭や文政審議会委員を引き請け、内閣の一員として名を連ねるのに商工大臣ではなく文部大臣に固執したことも、教育への情熱を物語っています。
個性を尊重し、自主自立の精神を養う学園創立の教育理念は、いまなお脈々と受け継がれています。

The spirit that built a school

Konan University was built on the educational philosophy of founder Hachisaburo Hirao, who believed that you should “Build your character, enhance your health, respect others, and use your innate talents”, and that a university should foster “young men and women capable of contributing to societies anywhere in the world.” Based on these principles, Konan conducts education with the individual in mind, balancing specialized training with a well-rounded education. Our goal is to turn out young people who have a sense of ethics and dignity, are knowledgeable in the ways of the world, and possess the initiative and expertise to take on the challenge of making the world a better place for everyone.