ホームへ戻る LABORATORY OF DEVELOPMENTAL BIOLOGY
甲南大学のホームページ 生物学科のホームページ to English Page
ホヤを用いた研究紹介
メダカを用いた研究紹介

研究成果
研究成果→








ホームに戻る

ホーム






ホヤメダカをモデルとして、脳・神経系・感覚器の発生と進化を研究しています。これらのモデル動物は、胚が透明で発生が極めて迅速におこるので、神経をはじめとする様々な器官発生をひとつひとつの細胞レベルで生きたまま観察することができます。
脳や眼がつくられる過程の分子発生遺伝学的な解析を通じて、ヒトと共通の普遍的なしくみと生物の多様性が創出されたしくみを明らかにすることを目標としています。

***last updated * 2015.12.24///講義資料リンク他更新***HP管理人への連絡はこちらtgk(atmark)center.konan-u.ac.jpまで
〒658-8501 神戸市東灘区岡本8−9−1/甲南大学14号館2F