学園・大学

学園・大学

学長メッセージ

甲南大学長 長坂悦敬

時代や社会の変化に強い、 個性をもった人材を育む。
甲南大学長 長坂悦敬

新たな100年に向けて進化する甲南大学。

実業界、社会奉仕事業、政治など多岐にわたる分野で活躍した平生釟三郎が旧制甲南中学校を創設したのは1919年。その後、さまざまな発展を遂げ、甲南学園は2019年に創立100周年を迎えようとしています。「人格の修養と健康の増進を重んじ、個性を尊重して各人の天賦の特性を啓発する人物教育の率先」という創立者の教育理念は、経済界における数多くのリーダーをはじめ、10万人もの個性あふれる有為な人物を世に送り出してきました。そしていま、次なる100年に向けた“甲南新世紀ビジョン”として、「人物教育のクオリティ・リーダー」を目標に掲げ、新たな伝統を創造するための革新を始めています。その中心となるのが、「ミディアムサイズの総合大学」としての特長を生かした数々の挑戦です。

融合から生み出されるクオリティの高い教育。

現在の大学教育においては、幅広い教養や高度な専門性を身につけることに加えて、これらの知識や技能を社会で実践し、活用する能力の修得が求められています。このような社会の要請に対応するため、甲南大学では、教員と学生、学生同士が身近に触れあい融合できるキャンパスサイズを生かし、授業規模を最適化した「少人数教育」を推進。学生一人ひとりの個性をしっかりと把握し評価する学修ポートフォリオやKONAN サーティフィケイト制度など、独自の取り組みも実践しています。また、入学した学部・学科に関係なく、大学の学びへのスムーズな導入をはかり、社会人として必要とされる幅広い知識・教養、さらには実践的な能力を身につけることができる「共通教育」も充実。グローバル時代に対応した国際力、専門能力、行動力を磨く「融合型グローバル教育」にも力を注いでいます。これらは、「ミディアムサイズの総合大学」だから実現できることであり、「人物教育」の基盤となる部分だと考えています。

チャレンジングなプロジェクトでキャンパスを活性化。

こうした甲南大学の革新は、各学部やさまざまな部門のレベルでも進んでいます。その原動力となっているのが「KONAN プレミア・プロジェクト」。先進的なロボットの開発から、地域産業に密着したスイーツ研究、さらにはグローバル教育、スポーツやボランティア、キャリア支援など、9つのテーマのもとで50以上のプロジェクトを推進しています。これらが、各学部の特色をよりいっそう際立たせ、学生の成長を促すさまざまな機会や環境を提供し、キャンパスは活気に満ちあふれています。そして2017年9月には、いよいよ甲南大学の新たなシンボルとなるKONAN INFINITY COMMONS(iCommons)が完成します。岡本キャンパスに誕生する地下1階・地上4階建、約14,000㎡もの規模をもったこの建物は、巨大な吹抜け空間を中心として食堂・カフェ、学生ラウンジ、部室、プロジェクトルームなどが並び、学生部、キャリアセンターが入る、まさに中核施設。ここを起点として、岡本キャンパスが有機的に連動し、さまざまな出会いや発見、融合や創造が生み出されていくことでしょう。

夢を見つけたい、かなえたい。そんな人のための大学。

「凡て人は皆天才である」。これは創立者平生釟三郎が述べた言葉です。ここには、「教育は人それぞれが持つ才能を引き出すためにある」という思いが込められています。大学進学をめざす受験生の皆さんのなかには、自分の才能がどこにあるのか、あるいは将来の目標をどうたてればいいのかがわからない人も多くいるのではないでしょうか。しかし悲観することはありません。それは皆さんの可能性、つまり“伸びしろ”なのだと思います。甲南大学はその“伸びしろ”を存分に伸ばすことのできる大学でありたいと考えています。一人ひとりの才能が開花する無限の可能性がある。そう言えるだけの環境が、このキャンパスにはあります。

PAGE TOP