本文へジャンプ

甲南大学人間科学研究所は、理論的に把握し能動的に関わる臨床の学と人文科学諸分野が連携して、現代人の心の危機に迫ります。

甲南大学人間科学研究所

親子がホッとつながるグループ 参加親子の募集

研究員の活動

甲南大学人間科学研究所は、2002年(平成14年11月1日)に設立されました。
文部科学省の学術フロンティア推進事業の助成を受けて行われた共同研究事業(平成10年度から平成14年度)の研究体制と成果を引き継いで、より恒常的に研究を進めるために設立された研究機関です。
「人間科学(Human Science)」という広い学問領域を背景にしていますが、現在、私たちが社会のなかで経験している多くの問題に、多角的に取り組むことを目的とするため、中心的なテーマを「現代人の心の危機」に絞りました。
研究活動に関心を寄せていただくと共に、公開の催しにはぜひ多数の方に参加いただき、活発なご意見をいただけることを期待しています。

当研究所の特色は、臨床心理学、医学という臨床実践を担う学問と、人文諸科学の各分野にまたがる専門家を抱えているところ、そしてすでに長期にわたって共同研究を進めてきた経験を持つところにあります。(研究スタッフ沿革・ネットワーク)。
研究プロジェクトでは、それぞれが成果を持ちあって発表し討論するにとどまらず、大学の外へ出かけ、アンケート調査・インタビュー調査を実施し、得られたデータに基づいて新たな発見を行うことを目指してきました。
その成果を報告書史料集としてまとめています。
そのため、個々の研究プロジェクトでは、調査研究を一つの柱として組み込み、調査計画の段階から学際的な視野を持って、互いに意見を戦わせながら計画を立ててきました。
今後も、研究活動や調査結果の分析においても、複数の専門領域から多角的に検討し、総合的にとらえていきます。研究成果は紀要叢書のかたちで公表していきます。
研究活動に関心を寄せていただくと共に、公開の催しにはぜひ多数の方に参加いただき、活発なご意見をいただけることを期待しています。

研究所ロゴ