本文へジャンプ

研究所紹介

甲南大学人間科学研究所は、平成14年11月1日に設立されました。文部科学省の学術フロンティア推進事業の助成を受けて行われた共同研究事業(平成10年度から平成14年度)の研究体制と成果を引き継いで、より恒常的に研究を進めるために設立された研究機関です。

「人間科学(Human Science)」という広い学問領域を背景にしていますが、現在、私たちが社会のなかで経験している多くの問題に、多角的に取り組むことを目的とするため、中心的なテーマを「現代人の心の危機」に絞りました。 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業に採択された、共同研究事業「心の危機の見極めと実践的ネットワークの創造」(2008~2012年度)を進め、その発展形として研究プロジェクト「良きサヴァイヴァルに向けて―グローバル化のなかでの実践的ネットワークの構築」(2013~2015年度)と「地域での"癒やす力""育てる力"を高める心理的・芸術的支援モデルの構築」(2014~2015年度)を進めて参りました。現在は過去のプロジェクトを統合整理し、新たな協同研究体制を確立すべく、研究実践プロジェクト「現代人の心の危機に関する共同研究:過去と向き合い、未来を創る」(2016年度~)に着手しています。

今後も引き続き、公開シンポジウムや公開研究会を開催するほか、叢書、紀要などを発行していきます。

研究所名 甲南大学人間科学研究所
住所(代表) 〒658-8501 神戸市東灘区岡本8丁目9−1
TEL・FAX 078-435-2683
E-mail kihs@center.konan-u.ac.jp
所長 北川 恵 (甲南大学文学部教授)
研究員・スタッフ 100名 (2017年4月1日現在)
設立年月日 平成14年 (2002年) 11月1日
研究テーマ 心の危機と臨床の知
連携機関 兵庫県、神戸市、東灘区、神戸新聞社、兵庫県こころのケアセンター ほか