本文へジャンプ

2016年11月11日 公開研究会「リールはいかにして、アートを精神医療に導入したか」

konan 2016年10月24日 月曜日

公開研究会「リールはいかにして、アートを精神医療に導入したか」
日 時:2016年11月11日(金)16:20~19:30
参加費:聴講無料、予約不要
会 場:甲南大学岡本キャンパス18号館3階講演室
〒657-8501 神戸市東灘区岡本8丁目9番1号
       阪急神戸線岡本駅またはJR神戸線摂津本山駅下車、北西へ徒歩約10分。
       会場には駐車場がございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
この投稿の続きを読む »


2016年9月17日 公開研究会「障がいのある人の創作活動ー実践の現場から」

konan 2016年8月24日 水曜日

公開研究会「障がいのある人の創作活動―実践の現場から」
日 時:2016年9月17日(土)16:00~17:30
参加費:聴講無料、予約不要
会 場:甲南大学岡本キャンパス3号館324教室
〒657-8501 神戸市東灘区岡本8丁目9番1号
       阪急神戸線岡本駅またはJR神戸線摂津本山駅下車、北西へ徒歩約10分。
       会場には駐車場がございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。

この投稿の続きを読む »


2016年7月30日 第1回条件づけと学習の研究会

konan 2016年7月12日 火曜日

第1回 条件づけと学習の研究会
日 時:2016年7月30日(土)10:00~12:00(受付開始9:40~)
      参加無料・事前申し込み不要。どなたでもお気軽にご参加ください。
場 所:甲南大学18号館3階 講演室(アクセスマップ
    〒657-8501 神戸市東灘区岡本8丁目9番1号
      阪急神戸線岡本駅またはJR神戸線摂津本山駅下車、北西へ徒歩約10分。
      会場には駐車場がございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
講 師:宮田洋(関西学院大学名誉教授 学習心理学・生理心理学)
    沼田恵太郎(甲南大学人間科学研究所 学習心理学・生理心理学)
この投稿の続きを読む »


2016年6月11日 講演会「アメリカにおけるアートセラピー」

konan 2016年6月3日 金曜日

kaatsg2第8回 KAaTsg研究会(甲南アーツ&セラピー研究会)

講演会「別の視点:アメリカにおけるアートセラピー―何がそうで何がそうでないのか?―」→PDF

日 時:2016年6月11日(土)10:00-12:00(9時40分受付開始)
場 所:甲南大学18号館3階 講演室(アクセスマップ
講 師:メルセデス・テルマート(Mercedes Ballbe ter Maat, Ph.D., LPC, ATR-BC)通訳あり
司 会:内藤あかね(甲南大学カウンセリングルーム/臨床心理学・芸術療法)
参加無料、事前申し込み不要、アートセラピーに関心のある方でしたらどなたでもお気軽にご参加下さい。

この投稿の続きを読む »


2016年3月30日 座談会「これからのダンスと健康について話そう」

art-group 2016年2月25日 木曜日

第7回 KAaTsg研究会(甲南アーツ&セラピー研究会)

座談会「これからのダンスと健康について話そう」→PDF

日時:2016年3月30日(水)14:00-16:30(延長あり)

甲南アーツ&セラピー研究会では、この度コンテンポラリー・ダンサーとしてご活躍されている砂連尾理image[1]んをお呼びして、ダンスと健康についての座談会を行います。砂連尾さんは、コンテンポラリー・ダンサーとして長年ご活躍されておりますが、2007年に障がい者との舞台作品を制作されたことをきっかけに、ドイツ研修時にベルリンの障がい者カンパニーTheater Thikwaと国際共同プロジェクトを行ったり、また近年は知的障がい者の施設や老人介護施設、子どもとのワークショップの活動を定期的に行ってきました。

今回は来聴者との簡単なダンス・ワークショップも指導していただきながら、砂連尾さんのこれまでの活動の経緯やコンテンポラリー・ダンスの可能性についてうかがいます。そこから話を広げて、ダンスと健康、日本の福祉制度についてなど、気軽に話すことのできる場にしたいと考えています。会場からの積極的なご発言も期待しております。お子さん連れでもOK。ふるってご参加ください。

場 所:甲南大学18号館3階 講演室(アクセスマップ

講 師:砂連尾理(コンテンポラリー・ダンサー)

聞き手:内藤あかね(甲南大学カウンセリングルーム/臨床心理学・芸術療法)

司 会:石谷治寛(甲南大学人間科学研究所博士研究員)

この投稿の続きを読む »


2015年7月11日「カナダの教育・医療の分野でのアート・セラピーの実際」

art-group 2015年6月25日 木曜日

kaatsg2第6回 KAaTsg研究会(甲南アーツ&セラピー研究会)
「カナダの教育・医療の分野でのアート・セラピーの実際」

甲南アーツ&セラピー研究会では、第6回研究会として心理療法家の上原英子先生をお迎えして、研究会を開催する運びになりました。上原先生は、カナダでご活躍中の臨床心理カウンセラー、アート・セラピストであり、近年では日本に活躍の場を広げ、各地で講演会やワークショップを開催されています。今回は『カナダの子どもホスピス』などについて、お話をうかがえればと思います。関心をお持ちになられた方は、ぜひご参加ください。

日時:2015年7月11日(土)14:00~17:00
場所:甲南大学18号館3階 講演室
講師:上原英子先生(心理療法家:カナダBC州公認臨床カウンセラー/ カナダBC州公認アート・セラピスト)
司会:三脇康生(仁愛大学教授 多文化間精神医学会理事)

この投稿の続きを読む »


書評会 「世界の手触りーフィールド哲学入門」(ナカニシヤ出版 佐藤知久・比嘉夏子・梶丸岳 編)

art-group 2015年5月25日 月曜日

甲南大学人間科学研究所招聘研究員である三脇康生が中心メンバーとして参加してきた研究、「自然学」(2012年から3年間、成安造形大学附属芸術文化研究所の指定研究テーマであった)のプロジェクトチームのメンバーの有志が再び集まり、自然学以後の新たな展開を模索するために、ある書籍に注目し書評会を催すこととなりました。この本は、文化人類学者の菅原和孝先生(京都大学名誉教授)の退官記念書籍です。

 

日時:2015年6月25日(木) PM6:15~8:15

場所:成安造形大学 聚英館2F小会議室

主催:自然学Part2研究チーム

共催:多文化間精神医学会、成安造形大学附属芸術文化研究所

 

報告 

三脇康生(仁愛大学教授 甲南大学客員特別研究員 多文化間精神医学会理事 精神医学・医療人類学・美術批評)岡田修二(成安造形大学学長 絵画)

議論参加者

三脇康生、岡田修二、渋谷亮(成安造形大学講師 教育哲学・教育思想史)  

馬場晋作(成安造形大学助教 美術)<編者、著者側からの参加者> 佐藤知久(京都文教大学准教授 文化人類学 )松嶋健(日本学術振興会特別研究員 成安造形大学特別講師 文化人類学)


地域のアーティストの地域精神保健サービスへの参画の可能性について

art-group 2015年3月13日 金曜日

公開研究会 

地域のアーティストの地域精神保健サービスへの参画の可能性について 

フランスのリールがイタリアのトリエステから学んだもの(ガタリとバザーリア) 

 

 

三脇先生をお招きして研究会を開催いたします。三脇先生は、2014年の夏にイタリアとフランスのアートセラピーの施設を見学・調査されていました。今回はその成果について、ご報告していただく予定です。関心をお持ちになられた方は、ぜひご参加ください。 

 

日時:2015年3月23日(月)13:00~15:00 

場所:甲南大学18号館3階 講演室 

講師:三脇康生先生(仁愛大学人間学部教授) 

この投稿の続きを読む »


福祉国家のアートと教育~デンマークのビフロスト美術学校の事例から

art-group 2015年3月2日 月曜日

レクチャーと座談会150324

福祉国家のアートと教育~デンマークのビフロスト美術学校の事例から

 

2015年3月24日(火)18:30~20:30

 

第一部 レクチャー 18:30~19:20

 講師:ペア・キヨスコ・イェンセン(美術家、ビフロスト美術学校創設者)

    松塚イェンセン哲子(美術家、ビフロスト美術学校美術教師)

 

デンマークは世界有数の高度の社会福祉国家として知られています。そんなデンマークのラナース市にあるBIFROST(ビフロスト)美術学校は、障害のある人のための美術学校です。その創立者で教師を務めるアーティストのペア・キヨスコ・イェンセン氏、同じく美術教師として働く松塚イェンセン哲子氏を招き、福祉国家デンマークのアートスクールでの活動を、日本の皆さんに紹介します。

 

第二部 座談会 19:30~20:30

 出演:服部正(甲南大学文学部人間科学科准教授)<進行役>

片山みやび (美術家、美術造形教室アトリエトロッポ講師)

鈴木慈子(兵庫県立美術館学芸員)<通訳兼任>

ペア・キヨスコ・イェンセン

松塚イェンセン哲子

 

アウトサイダー・アート研究の第一人者である服部正氏と 文化庁の新進芸術家海外派遣研修員で1年間デンマークに滞在した経験のあるアーティストの片山みやび氏、兵庫県立美術館学芸員で、障がいのあるアーティストの展覧会を企画したことのある鈴木慈子氏を招き、日本とデンマークにおける障がいのある人の創作活動への取り組み方の違いや、アートが社会に占める位置など、アートと福祉国家のあり方をめぐってお話を展開します。

 

 主催:ギャラリー島田 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F

            TEL&FAX 078-262-8058

甲南アーツ&セラピー研究会 kaatsg@live.jp

協力:甲南大学人間科学研究所

 

*このイベントは、JSPS科学研究費助成事業(基盤研究(B))25284046「芸術学と芸術療法の共有基盤形成に向けた学際的研究」の助成を受けたものです


第5回 KAaTsg研究会:倉戸ヨシヤ『人が悲しむときとそれが和らぐとき—私の求めている心理臨床—』

art-group 2015年2月4日 水曜日

第5回 KAaTsg研究会(甲南アーツ&セラピー研究会)

『人が悲しむときとそれが和らぐとき—私の求めている心理臨床—』

日時:2015年2月24日(火)16:00~19:00

場所:甲南大学18号館3階 講演室(参加無料)

講師:倉戸ヨシヤ先生 (大阪市立大学名誉教授、日本臨床ゲ シュタルト療法学会理事長)

この投稿の続きを読む »