本文へジャンプ

新聞紙や雑誌をつかったコラージュ(5月9日のアートグループ)

art-group 2013年5月13日 月曜日

今期2回目のアートグループでは、前回に引き続きコラージュをしました。前回使用したおはながみもテーブル上には置きましたが、今回は新聞紙(日本語版と英語版)と雑誌を主な素材としました。台紙には白い画用紙と色画用紙の他に無地のクラフト紙の紙袋を用意しました。課題については細かい制限は無く、これらの材料を使って自由に制作するというものでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 雑誌や外国語新聞の写真やイラストを切り抜いて貼り合わせていった人が多く、シェアリングでは「好きなものを貼っていった」とか気になった写真をアレンジしたといった説明が聞かれました。発言からは、貼りながら今の自分の心境や置かれた状況を省みる体験をしていた様子も窺え、決して表面にあらわれた内容だけの作品ではないのだなと感じられました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

筆者は最初に手にした2年前の秋の新聞を眺めながら、ニュースや記事のヘッドライン、広告のコピーに目を奪われたのをきっかけに、気になる言葉や写真を切り抜いていきました。2年前といえば東北大地震のあった年だなあと思うと、筆者が見た日の新聞(ページの一部欠けていましたが)には震災関連の記事がほとんど無いことに気づき、そのことに引っかかりを覚えて今年の新聞も見てみようと思い立ちました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あえて過去の新聞と現在の新聞を使ってコラージュをすることで、ここ2年という時間における自分と世界の変化を振り返る体験ができたことは大変面白かったです。同時に、見つけたい言葉や情報が見つからないことへのフラストレーションも体験した制作でした。(内藤あかね)