本文へジャンプ

2016年11月11日 公開研究会「リールはいかにして、アートを精神医療に導入したか」

konan 2016年10月24日 月曜日

公開研究会「リールはいかにして、アートを精神医療に導入したか」
日 時:2016年11月11日(金)16:20~19:30
参加費:聴講無料、予約不要
会 場:甲南大学岡本キャンパス18号館3階講演室
〒657-8501 神戸市東灘区岡本8丁目9番1号
       阪急神戸線岡本駅またはJR神戸線摂津本山駅下車、北西へ徒歩約10分。
       会場には駐車場がございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。

内 容:
16時20分~17時20分「フランコバザーリアのコペルニクス的転換」
 Massimo Marsili(精神科医 リールWHO協力機構 所員)
17時30分~18時30分「アートと精神医療」
 Jean-Luc Roelandt(精神科医 リールWHO協力機構 所長)
(質疑 60分)
通訳 三脇康生(精神科医 仁愛大学大学院 人間学研究科 臨床心理学専攻 教授)

e-mail:kihs@center.konan-u.ac.jp
    (研究会に関するお問い合わせは上記のアドレスまで)


※本事業は、JSPS科学研究費助成事業(課題番号 25284046)「芸術学と芸術療法の共有基盤形成に向けた学際的研究(代表:川田都樹子)の助成を受けたものです。
※甲南大学人間科学研究所共催