本文へジャンプ

甲南大学人間科学研究所は、理論的に把握し能動的に関わる臨床の学と人文科学諸分野が連携して、現代人の心の危機に迫ります。

甲南大学人間科学研究所

【紀要】〈心の危機と臨床の知〉vol.18

2017年2月28日発行(ダウンロードはコチラから)


目次

■巻頭言■
人間科学研究所 研究実践プロジェクト
「現代人の心の危機に関する共同研究~Phase 5~:過去と向き合い、未来を創る」 … 川田都樹子 3

■投稿論文■
狂気をいやす神――ネルヴァルにおけるディオニュソス―― … 篠田知和基 11
フランスのリール東セクターにおける精神医療へのアートの導入について … 三脇康生 23

■2016年研究会報告■
バサーリア、精神医療のコペルニクス的転回 … マッシモ・マシーリ 35
いかにしてアートは市民精神医学の道程の同伴者となったか? … ジャンリュック・ローラン 45

■研究活動報告■ …  65

■研究員名簿■ … 71


KIHS紀要「心の危機と臨床の知」が公刊されました。現在、過去の本研究紀要の内容に関しまして、機関リポジトリ登録を行いました。過去にご寄稿頂いた先生方の中で、機関リポジトリ登録に関してご質問・ご要望などございましたら、人間科学研究所までお知らせ下さいますと幸いです。本件に関するお問い合わせを受け付けております。今後とも当研究所をよろしくお願いいたします。