本文へジャンプ

2017年8月10日 シンポジウム「戦争文学のトラウマ」

シンポジウム「戦争文学のトラウマ」

原爆投下、沖縄戦、そして敗戦。戦争によって刻まれた心の傷はいかに抑圧され、戦後において文学表現の中にいかに再浮上するのか。歴史/記憶/想像力の交わる点を共同討議により探索する。

日 時:2017年8月10日(木) 14:00~18:00
講 師:下河辺 美知子(成蹊大学、批評理論・アメリカ文学文化)
     「SilenceとMuteness:アメリカという他者に呼びかける声」
    野上 元(筑波大学、歴史社会学・メディア論)
     「誰/何が原爆の恐怖を媒介したのか?原民喜における「報告」と「予感」
    森 茂起(甲南大学、臨床心理学・精神分析)
     「誰も知らない時間へ:大岡昇平と特攻」
    西 欣也(甲南大学、思想史・芸術理論)
     「死のlyricismと不死のrealism:戦争詩をめぐって」
会 場:甲南大学ネットワークキャンパス東京
       (千代田区丸の内1丁目7-12 サピアタワー10F ※キャンパスまでのアクセスはコチラ
       入場無料(事前申込 先着40名)
    kihs_info@yahoo.co.jp 宛にメールでお申し込みください。


   問い合わせ先:甲南大学人間科学研究所
   e-mail:kihs_info@yahoo.co.jp
   TEL & FAX:078-435-2683
   URL:http://www.konan-u.ac.jp/kihs/