本文へジャンプ

実践活動

親子関係支援

親子がホッとつながるグループ 参加親子の募集

親子の発達に関する研究協力親子の募集

【親子関係支援:これまでの活動】

どんな親でも、子どもとの関係に迷ったり悩んだりすることがあると思います。

どんな親にも、ついつい繰り返してしまう、かかわり方のクセがあると思います。

子どもの安心基地になるためのヒントを学びながら、親子ともにホッとするようなかかわり方を一緒に探してみませんか。

 


甲南アトリエとは?

甲南大学のある阪神間は古くから画廊や美術館、美術教室、障がい者アートのアトリエなど芸術環境に恵まれてきました。また、阪神淡路大震災や神戸大空襲のトラウマに今なお苦しむ人々がいる地域かもしれません。臨床心理学と芸術学の専門家をメインとする甲南大学人間科学研究所は、地域との協働によって①「癒す力」を育むために、人々が安心して心の相談ができる環境を整え、芸術を治癒的に用いる支援者の育成に取り組みます。また②「育てる力」を高めるために、乳幼児期の子育てから学校教育への心理的支援を連続させ、造形クラブによる子どもの発達支援を行ないます。地域の研究機関・行政機関との既存の連携を強化しながら、18 号館講演室を「甲南アトリエ」として研究会やワークショップを催し、より地域に開かれた活動を目指していきます。

→【甲南アトリエ:これまでの活動】

第1回甲南アトリエ「親子孫子で楽しむアート」にて制作(2015年3月12日)

312

また、本事業に関連して、JSPS 科学研究費助成事業(課題番号 25284046)「芸術学と芸術療法の 共有基盤形成に向けた学際的研究」(代表:川田都樹子)の助成の協力のもとで、アートとセラピーにまつわる公開講座を行っております。