本文へジャンプ

心の危機の見極めと実践的ネットワークの創造

本研究は、過去10年間にわたる研究事業、文部科学省学術フロンティア推進事業採択・平成10-19年度(2003年-2007年度)の成果を引き継ぎ、臨床心理学と人文諸科学の協働という本研究所の特色を生かしながら、さらに焦点を絞り込んで、現代人の心の危機の見極めと、その実践的解決のためのネットワーク形成を行うことを目的としています。
4つのプロジェクトを柱として、5年間にわたってそれぞれに関する研究を並行して進めていく予定です。プロジェクトは、並立する 1.加害-被害関係2.育てる関係3. 芸術学と芸術療法と、そのいずれにも関わる 4. 心理療法の現在という形で構成されています。
いずれも、現在、臨床実践の緊急課題となり、今後もさらに重要となるであろう問題領域に本研究所独自の視点から取り組むものです。

実践的ネットワーク イメージ

活動計画

4つのプロジェクトに沿って公開シンポジウム・調査研究を行い、その成果を出版します。
その他、心理療法に基づく実践活動や、小規模の研究会や研修会を行なう予定です。

公開シンポジウム

• 2009年度 加害-被害関係
• 2010年度 育てる関係
• 2011年度 芸術学と芸術療法
• 2012年度 心理療法の現在

調査研究

• 子ども時代の戦争体験の研究(加害-被害関係)
• 子育て環境と子どもに対する意識調査(育てる関係)
• 芸術療法におけるセラピストの意識調査(芸術学と芸術療法)
• 事例研究による心理療法現場の検証(心理療法の現在と未来)

出版事業

• 2011年度 「加害-被害関係」  「育てる関係」
• 2012年度 「芸術学と芸術療法」  「心理療法の現在」

実践活動

個人情報を安全に管理するよう以下の事項に鋭意取り組んでおります。

・子育て支援活動(地域向けの子育て相談会:うりぼうくらぶ・まつぼっくり他)
・ 思春期発達支援活動(地域向けのグループワークと個別面接:フレンズクラブ)
・ アートグループ(地域向けグループアートセラピー、支援者向け講座)
・ 心理臨床ワークショップ(地域の心理臨床家向けの研修会)
・ 園芸療法(学生対象のグループワーク)
・ 園芸療法研修会

活動内容

次のリンク先から、それぞれの活動の詳細をご覧になれます。

文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

当研究所は、2008~2012年度まで、文部科学省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業に採択されています。

ページの先頭へ戻る