キャンパスライフ

研究・産学連携・地域連携

カウンセリングセンター

  • カウンセリングセンター
  • カウンセリングセンター
悩み、相談の場としての役割を担い、
心の健康の相談に応じる総合的なカウンセリング組織

学校や職場、家庭などで心の問題に関する悩みが増えています。
本学では、これまで、本学の学生のさまざまな悩みや相談ごとを受けとめる組織として「学生相談室」を、また、地域の方々の心の健康に関する相談に応ずる組織として「心理臨床カウンセリングルーム」を設置し、相談に応じています。
そして、1997年4月に、この2つの組織を統合したカウンセリングセンターを設け、相談機関としての、また、カウンセリングに関する教育および研究機関としてのより一層の発展をめざしています。
1999年10月に竣工した新18号館の1階部分に併設しています。このような総合的なカウンセリング組織を持つ大学は全国的にも珍しく、きわめて注目されています。

心理臨床カウンセリングルーム

心理療法の面接室、遊戯療法のプレイルーム、箱庭療法の設備、音楽療法室やグループワーク室など、いま臨床心理のカウンセリングに考えられる最高の設備を備えたカウンセリングルーム。一般の方々のカウンセリングを年間約1500回以上も行うと同時に、大学院人間科学専攻の院生が教授や臨床心理士の指導を受けながら実習を行う学びの場ともなっています。

-このような相談をお受けします-

●子どもに関する相談●対人関係について●心身の悩み●人生、生き方に関する相談
●子どもから大人の方まで、広く相談をお受けいたします。
心理臨床カウンセリングルーム

PAGE TOP