カテゴリー別アーカイブ: 1. おしらせ

エントランスホールで「シェイクスピア」の展示が始まりました。

519日(土)に、シェイクスピア作品の中でも人気があり、知名度の高い「ロミオとジュリエット」の原語公演(英語)が甲南大学で開催されます。

今回の公演開催にあわせて、図書館では、エントランスホールで「シェイクスピア」と題して、所蔵する貴重資料コレクションであるシェイクスピア全集版をはじめ、関連資料を展示しています。

この展示は、5月末(予定)まで開催しておりますので、公演前にぜひお気軽に図書館までお立ち寄りください。

 http://ch.konan-u.ac.jp/news/_files/news/pdf/18041501.pdf

 

 

 


「新入生におすすめの本」–特設コーナーで図書の展示を始めました。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

図書館を活用して、これから充実した大学生生活を送ってください。

とはいっても、普段読書をあまりしない、という方もいらっしゃるかと思いますので、

図書館では、新入生の方向けのいろんなジャンルの本を集めました。

この特設コーナーは、入館ゲートを通ってすぐ目の前の場所に設置しておりますので、

ぜひ読んで、これからの大学生生活の参考にしてください!


KSC主催 第9回製本教室 豆本(和本)について

 2018年3月22日(木)に製本教室を開催し、豆本*(和本の四つ目綴じ)を制作しました。
 材料は、試行錯誤を重ね本学のオリジナル版となりました。
 本文の罫線を消しゴムハンコ作成、押印し、表紙は杉原和紙を用いました。本文に和紙の角切れを貼り、最後に絹糸で四つ目綴じを行いました。

 豆本という小さいサイズの本でしたが、参加者が要領よく作業は着々と進みました。
 終了後、参加の学生からは「楽しかったです!」との意見をいただきました。

今後も題材を変えて開催を予定しています。
“本を作る”という作業を皆さんも体験してみませんか。

*豆本とは、掌サイズの本の総称です。


ブックカバーグランプリ決戦投票受付中!

2017年度ブックカバーグランプリの決選投票を図書館エントランスで受付中です!
今年は以下の2点。1か2、グランプリにふさわしいと思う方を選んで投票してください。
図書館エントランスに投票箱を設置しています。
投票期間は3/15までとなっています。ぜひ投票をお願いします!


学生企画による児童文学の特設コーナー設置中!

 現在、図書館入館ゲート入ってすぐのところに、学生企画による児童文学の特設コーナーが設置されています!
 ポップと一緒に本が展示されていますので、児童文学に興味のある方はぜひ手に取って読んでみてください。そのまま貸出も可能です!

『児童文学の世界から読書を始めよう』
小中学生の頃に親しんだ、 児童文学の世界から読書を始めてみませんか。
児童文学とは、 0歳から10代の読み手や聞き手を対象とした文学作品のジャンルです。
懐かしの、 子どものために書かれた本を、 大人になった今読み返して、 魅力を再発見してみませんか。
児童文学作家の書いた、一般向けの作品とは どのようなものなのでしょうか。
児童文学作品や児童文学作家の一般書を展示することを通して、読書の魅力を再発見して頂ければ幸いです。(特設コーナー展示ポスターより)

↓は学生さん主導での展示設置作業風景。作業時間は約3時間、お疲れ様でした。


現在、学生企画による書評展示を開催中!

 現在、KONAN ライブラリ サーティフィケイトの1級要件である企画として、日本語日本文学科4年生、中西聖也さんの企画展示『読書の扉 明日への扉』(1/23~2/8)を、iCommons2階学生部前にて開催中です!

 自身の書評だけでなくこれまで投稿された教員や学生のおすすめ本の書評をまとめ、きれいに展示してくれました。

 展示されているおすすめ本は、 iCommons4Fや学友会館のTSUTAYAさんで購入することもできるように手配しております(生協会員割引もお得ですよ!)ので、気になった人はぜひ買って読んでみてくださいね。

展示の詳細はこちら