「1. おしらせ」カテゴリーアーカイブ

2019年度 第1回ブックハンティングツアーを行いました!

2019年6月7日(金)、丸善&ジュンク堂書店 梅田店において、学生と図書館職員によりブックハンティングツアーを行いました。当日は、図書館に置きたい本を書棚から選び、ハンディーターミナルを使って裏表紙に記載されたISBN(バーコード)をスキャンして選書を行いました。

今回も協力学生にご参加いただきました!次回は8月1日(木)に実施を予定しています。
今回参加できなかった方は是非次回に参加してみてください。

参加された学生さんの感想です

**文学部 金澤 舞奈さん**

6月7日、激しい雨音がするなかでブックハンティングツアーは始まりました。去年に参加したときも良い天気でなかったのを思い出すと、私は雨女かもしれません。ツアーは適度に休憩を入れないと酷く疲れが溜まります。選書する際、本棚の隅まで見るために立ったりしゃがんだりの繰り返し。それが4時間以上も続き、帰るころには足が棒になっています。これまでの経験をもとに一息入れるタイミングを計ったことで、今回は疲労感ゼロ。
去年は多様なジャンル本を見たけれども、今回は同じ歴史文化学科の学生が利用してもらえるような歴史書を中心に選書しました。この本をレポートや卒業論文で使ってもらえるようなことがあれば幸いです。

 


エトガル・ケレット×西加奈子×秋元孝文先生

甲南大学図書館特設コーナー

 KONANプレミア・プロジェクト(ぶんたす)で、今年10月にイスラエルの作家・映画監督のエトガル・ケレット(Etgar Keret)・映画監督・女優のシーラ・ゲフェン(Shira Geffen)夫妻を甲南大学へ招聘する予定(※1)ですが、それに先立って7月4日(木)に、映画「Etgar Keret-based on a true story-」試写会が開催(※2)されます。
 それに伴い、図書館にも特設コーナーを設置しました。
 コーナーには秋元先生(文学部英語英米文学科教授)が翻訳を手がけられた『あの素晴らしき七年』を始めとしたエトガル・ケレット氏の著書だけでなく、『あの素晴らしき七年』 の書評 (※3) を執筆された作家・西加奈子さんの著書も並べております。
 ぜひ読んでみてください!

甲南大学OPAC
あの素晴らしき七年 / エトガル・ケレット著 ; 秋元孝文訳

※1 エトガル・ケレット&シーラ・ゲフェン 2019来日サイト on Strikingly

※2 【文学部】映画「Etgar Keret-based on a true story-」試写会開催について<7/4>

※3 エトガル・ケレット、秋元孝文/訳 『あの素晴らしき七年』 | 新潮社


エントランスホールにて企画展示「あなたの知らない広辞苑の世界」を始めました。

図書館1階 エントランスホールにて、「あなたの知らない広辞苑の世界」と題した企画展示を5月31日(金)より開始しました。
『広辞苑』は、岩波書店が刊行する我が国を代表する中型日本語辞典であり、1955(昭和30)年に第一版が刊行されました。以来改訂を重ね、2018(平成30)年には第七版が刊行されました。
このたびの展示では、本学図書館が所蔵する『広辞苑』各版のほか、明治時代に刊行された『言海』など多数の国語辞典を集めました。日頃使用する辞典の成り立ちについて知識を深めていただければと存じます。

この展示は、9月末(予定)まで開催しておりますので、ぜひお気軽に図書館までお立ち寄りください

 

 

 

 


ライブラリサーティフィケイト学生企画 ポスター展示『人類は真理の扉を開けるか』を開催中!

現在、図書館内南階段の踊り場のところで、KONAN ライブラリ サーティフィケイトの1級要件である企画として、ポスター展示『人類は真理の扉を開けるか』を開催中です。

自然科学・社会科学・人文科学の関わりやそれら自体を取りあげた図書の紹介をポスター展示しています。
4つのコンセプトにわけ幅広い分野の本を取りあげているので、きっとこの中に読んでみたくなる本が見つかります。

展示でおすすめしている本は図書館で借りることができるので、興味をもった本があれば借りて読んでみてください。

この企画は5月上旬まで開催しておりますので、図書館にお立ち寄りの際はぜひ館内南階段の踊り場へ足を運んでみてください。

展示風景

 

 


ブックカバーグランプリ決選投票!


 現在、図書館エントランスホールにて2019年度ブックカバーグランプリの決選投票を行っています。
 ご応募いただいた作品の中から、皆さんの投票でグランプリを決定いたします。グランプリに選ばれた作品は、2019年度の1年間、図書館でブックカバーとして提供します。 決選投票は1月30日(水)までです。
 どうぞ、図書館に足をお運びください!!


「世界に一つだけの蔵書票を作ろう!!」を開催しました


 2018年12月20日(木)に「世界に一つだけの『蔵書票を作ろう!!』」を開催しました。さらに、この開催に合わせて図書館エントランスに「蔵書票の世界~紙の宝石~」の展示を行いました。

 蔵書票とは本の見返しに貼られた所有者を示す紙片です。
 木版や銅板で作られることが多いですが、今回は消しゴムハンコで作成しました。
 3名の学生が参加され、それぞれの個性が光る蔵書票ができました。
 参加者が集中して作業している姿が印象的でした。