カテゴリー別アーカイブ: 1. おしらせ

『週刊読書人』に、文学部・金澤舞奈さんの書評が掲載されました!

文学部歴史文化学科3年生、金澤舞奈さん(KONAN ライブラリーサーティフィケイト2級保持者)の書評が、2018年11月23日発行の『週刊読書人』(第3266号)に掲載されました!
金澤さんが評されたのは、J.K.ユイスマンスの『さかしま』です。週刊読書人ウェブでも、金澤さんの書評を読むことができます。
https://dokushojin.com/article.html?i=461

甲南大学図書館には、金澤さんがご紹介された河出書房の文庫版はありませんが、「さかしま」は所蔵しています。
 ユイスマン著;渋沢龍彦訳 
 『さかしま』 (世界異端の文学4)
  図書館3階書庫一般 953.7//96
読みたくなった方は、図書館2階カウンターで利用を申し込んでください。

『週刊読書人』は、書評専門の週刊新聞です。
日々出版される数多くの本の中から、各分野のプロの読み手が選りすぐった本の書評が掲載されています。
この『週刊読書人』には、全国の大学生が推薦する本の書評を書く「書評キャンパス」というコーナーがあります。大学生が投稿した書評を週刊読書人の編集者が丁寧にかつ厳しく校正した上で掲載されるコーナーです。文章力を身に着けたい大学生にとても人気があるのですが、週刊紙であるために、紙面には毎週1名しか掲載されません。
金澤さんは、KONAN ライブラリーサーティフィケイトで磨いた実力を発揮し、見事、紙面掲載を獲得されました!

『週刊読書人』の「書評キャンパス」に自分も応募してみたい、という方は、図書館2階ヘルプデスクにご相談ください。
また、『週刊読書人』には、全国の学生が薦める本、多様な分野の専門家が薦める本が多数紹介されています。これから読む本を探している方も、是非ご参照ください。
週刊読書人 https://dokushojin.com/


2018全国高校・大学ビブリオバトル大会を開催しました!

 2018年11月17日(土)、全国高校ビブリオバトル兵庫県大会および全国大学ビブリオバトル関西Bブロック地区決戦を、iCommonsで開催しました。
 高校生は21名の発表者による予選会から実施して兵庫県大会のチャンプを決定し、大学生は甲南大学および近隣大学での予選会を勝ち抜いた発表者5名による地区決選でした。
 どの発表者もかなり準備をされてきたのだなあと思わせるプレゼンで、発表者・観戦者、全員楽しめる大会だったと思います。
 高校生の皆さんには大学生大会の発表も観戦してもらい、終了後の表彰&交流会に全員で移動し、全員で食事を楽しんでいただきつつ表彰式。高校生の優勝者・準優勝者、大学生の優勝者の皆さんで写真撮影も行いました。
 高校生やその保護者、高校の先生など、希望者の皆さんには図書館見学ツアーも実施しました。
 参加された皆様、ありがとうございました!


トライやるウィーク活動中!


 11/12(月)~11/16(金)までの5日間、神戸市立本山南中学校2年生2名がトライやるウィークとして図書館業務を体験しています。
 図書館カウンターでの貸出・返却業務、図書や雑誌の目録・受入や除籍等のバックヤード業務を体験しました。 今年は、図書館エントランスでの展示業務も行いました。

 本好きの中学生2名が、イキイキと活動している様子を見てスタッフも刺激を受けています。
 中学生が作成したブックカバーは図書館1Fカウンター前で提供を、レビューは図書館2F中山文庫コーナーと語学学習室に展示しています。

※図書館エントランスでは『蔵書票展~紙の宝石~』を開催中です。是非、ご覧下さい。


蔵書票展と蔵書票作成イベントについて


★蔵書票展 ~紙の宝石~
 図書館1階エントランスで開催しています。期間は、1220日までです。
 蔵書票とは何か、という解説とともに多種多様な蔵書票を展示しています!
 どうぞご覧ください!

<企画のご案内>
1220日に、“世界に一つだけの蔵書票を作ろう!”を開催します。※詳細はこちら
  内容:消しゴムハンコで蔵書票を作ります。
  対象:学部学生です
質問等は、図書館1階カウンターにお気軽にお尋ねください。
皆さんのご参加をお待ちしています!

 


9/7(金)古い洋雑誌の補強作業を行いました。

 9/7(金)、KONAN ライブラリ サーティフィケイトにエントリーしている学生さん3名が、5号館地下1階の雑誌館にある古い洋雑誌の補強作業のボランティアに参加してくれました。
 当日、学生さんに「まず古い洋雑誌がなぜ歪むのか、それは当時使われていた酸性紙の劣化が早く、長い年月でしなやかさがなくなり、重みで雑誌が歪むと紙がやぶれてしまうからです。これ以上の劣化を防ぐ為、長期の保存も可能な厚い中性紙の紙で帯状に雑誌を巻くことで、資料の寿命を伸ばします。」と簡単に作業内容を説明した後、雑誌館に移動しました。
 雑誌館は、通常学生は入館できません。鍵付きの雑誌館に初めて入るので、館内にどんな資料あるかということと、その資料が収納されている電動書架の使い方を説明し、実際に電動書架を動かしてもらいました。 そしていよいよ作業のはじまりです。対象となる雑誌を1冊ずつ持ってきて、皆で一緒にやってみました。

中性紙を巻く事により形くずれを防ぎます

(写真ではちょっとわかりませんが高さ30cm位の大きな雑誌です)

 

 始めは、慣れない作業で1冊当たりに時間がかってしまいましたが数をこなすうちに、皆それぞれ綺麗に早くできるようになりました。そして、約90冊の資料の補強作業が終わりました。

 

【ボランティアに参加した学生さんの感想】

○昔の資料には、今と英語の綴りが少し違っていました。又当時の広告からその時の流行や世相等を知ることが出来て良かったです。

○普段は入れない場所に入り、貴重な資料にふれて良い経験になりました。

○作業には、集中力が必要だと思いました。今回のような補強や修復をすることによって、昔の資料は残っているのだと感じました。

 参加してくださった皆さま、暑い中元気に!笑顔で!懸命に!作業をして頂き、本当にありがとうございました。お陰で、沢山の資料が生きた資料として、これからも研究に活かされていくと思います。

 ブログをご覧の皆さま! 図書館では、今後も様々なボランティアを募集予定です。ご参加お待ちしています。


2018年度 第2回ブックハンティングツアー(BHT)を行いました!

201881日(水)、ジュンク堂書店 三宮駅前店・三宮店において、学生さんと図書館職員によりブックハンティングツアー(BHT)を行いました。当日は、図書館に置きたい本を書棚から選んで、 ハンディーターミナルを使って裏表紙に記載されたISBN(バーコード)をスキャンしていきました。

今回も多数の学生さんにご参加いただきました!次回第3回ブックハンティングツアーは10月12日(金)に実施を予定しています。 今回参加できなかった方は是非次回参加してみてください。

参加された学生さんの感想です

**知能情報学部 藤澤 舞さん**

今回、はじめてブックハンティングツアーに参加しました。機械でISBNを読み取るだけで自分の好きな本を選べるということで、私は90冊ほど選びました。文芸書だけでなく、専門書をゆっくりみることができ、貴重な体験をしました。IT関連の書籍はわかりやすく、身近に感じるものが多かったです。とても足が疲れましたが、午前と午後の部両方に参加してよかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**文学部 日本語日本文学科 高橋 梨華子さん**

今回、はじめてこの企画に参加しました。興味の持った本を好きなだけ選書できるということでしたが、かえって最初は何を選ぼうか迷いました。本棚をじっくり見て選ぶ2時間、とても楽しかったです。普段は書店に行っても見ないような他学部の専門の本棚を見たり、自分の興味と大学に相応しいかどうかを考えたりして、よくいく書店にも関わらず新しい発見がたくさんありました。

今回は、2階フロアが整理中とのことで希望の図書が少なかったのが残念でしたが、参加してよかったとおもいます。