ニュース

2018/09/18
TOPICS

【大学企画展:9/18-10/20】「森太三展 転用と配列」※10/14トークイベント開催

 9月18日(火)から、岡本キャンパス5号館1階のギャルリー・パンセにて、「森太三展 転用と配列」が開幕します。本展は、関西を中心に数多くの個展やグループ展で精力的な活動を続ける美術作家の森太三(もり・たいぞう)氏の個展です。
 森太三(1974~ )氏は、粘土や紙、木材など、私たちの身近にある素材に手を加えて空間に配置することで、その空間の印象を一変させる作品を多く手がけてきました。執拗に、丁寧な手作業で加工された作品は、そこに費やされた膨大な時間と、それにも拘わらず原材料の風合いを絶妙に残した繊細な質感で、鑑賞者を異質な空間の体験へと導きます。今回の展示では、淡く彩色された木片を組み合わせたレリーフ状の作品と、空を撮影した写真の断片をちりばめた作品を展示します。
※チラシPDF>>>

 会期中の10月14日(日)には、出品作家の森太三氏と現代美術家の堀尾貞治氏をお迎えしてトークイベントも開催します。なお、展覧会の企画・運営は、文学部の博物館学芸員養成課程(美術コース)の3年生11名が行いました。ぜひご高覧ください。(文学部)

ニュースカテゴリ

PAGE TOP