ニュース

2019/03/12
TOPICS

【100周年】開催報告:第4回「梅と文化の花結日」を開催しました

 2019年3月3日、第4回目となる「梅と文化の花結日」(>>>)を開催いたしました。お天気が心配されましたが、300名を超える皆様にご参加をいただきました。

 伊庭緑学長補佐の開会挨拶に続き、第1部の「いけなばライブ」には、未生流家元・十世未生斎を継承された肥原慶甫さん(甲南中学校・高校・大学OB)が登場。
 ダイナミックに、青竹を使った作品を舞台上で仕上げていかれました。

 続く第2部では、甲南学園出身の音楽家、貴志康一を敬愛されている平野有希さんによる「ヴァイオリン・フィドルコンサート」。
 耳馴染みのあるスタンダードナンバーから、貴志康一の作品まで、後藤亜紀さんの伴奏で、肥原さんの活けたお花をバックに、春の一日にふさわしい、心にしみる演奏とのコラボレーションに客席は魅了されました。 

 最後は、肥原さんが再び登場し、平野有希さんの生演奏をバックに、舞台上で三つ目となる作品を仕上げ、さらに華やか舞台のうちに幕を閉じました。


 甲友会館でのイベント終了後は、「岡本梅林公園ガイドツアー」として、梅一つ火会様、東灘ボランティアガイドの会様による先導で、グループに分かれ、満開の梅林を巡り、参加した皆様から「また来年も参加したい」、「春の一日を満喫しました」との声もいただきました。

 また、イベントに先立つ昼食会では、地元岡本商店街様のご協力により4種類のお弁当と、住吉の三ツ巴菓舗様から梅にちなんだ4種の和菓子をご用意し、大変ご好評をいただきました。

 改めまして、ご参加いただきました皆様、ご出演・ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。(甲南学園広報部)

ニュースカテゴリ

PAGE TOP