ニュース

2016/04/18
TOPICS

国際原子力機関の研究プロジェクトに宇都宮教授が招聘参加 

国際原子力機関の研究プロジェクト(IAEA-CRP F41032)である「光核データライブラリーの更新と光子強度関数の標準データベースの作成」が2016年から4年プロジェクトで開始されました。
このプロジェクトには、世界9か国15研究機関から選ばれた15名の研究者が招聘参加しており、物理学科の宇都宮弘章教授は、「中性子多重度直接仕分けによる全・部分光中性子反応断面積の決定」の任務を果たすことが期待されています。

https://www-nds.iaea.org/CRP-photonuclear/index_1RCM.html

ニュースカテゴリ

PAGE TOP