甲南大学フロンティア研究推進機構

KONAN INFINITY
お取引先のみなさまへ

甲南大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定、令和3年2月1日改正)を踏まえ、一定条件に該当するお取引先のみなさまから、下記1.~4.にかかる誓約書の提出をお願いしておりますので、ご理解、ご協力くださいますようお願いいたします。
また、誓約書提出の対象とならないお取引先のみなさまにおかれましても、下記1~4の記載事項についてご対応くださいますようお願いいたします。
なお、お取引先において研究費不正への関与が認められた場合は、「甲南学園物件調達規程第7条(取引の停止)」に基づいて、当該取引先へ取引停止等の処置をとることがあります。

1.取引に当たっては、社会規範、法令はもとより、本学が定めた規則等を遵守し、不正に関与いたしません

2.不正への関与が認められた場合は、取引停止を含む処分を講じられても異議はありません。

3.本学関係者から不正な行為の依頼等があった場合には通報いたします。

4.内部監査、その他調査等において、取引帳簿の閲覧・提出等の要請があった場合は、これに協力いたします。

上記3にかかる「通報窓口」については、次のとおりとなっております。

研究費不正にかかる通報窓口

※メールの場合→cmpl@konan-u.ac.jp

甲南大学副学長(コンプライアンス担当)と学長室専任職員管理職が受信いたします。

※郵送の場合→〒658-8501(住所不要)甲南大学副学長(コンプライアンス担当)宛

【通報していただいた方は保護されます。】

「甲南大学研究費不正の通報・告発に関する規程」では、通報者の利益を保護する規定を設け、徹底しておりますので、ご安心ください。通報したことを理由とする不利益な取り扱いがあれば、ただちに、上記にご連絡ください。