レキシコン研究論文集 投稿募集のご案内

レキシコン研究の論文発表の場として本年も引き続きレキシコン研究論文(くろしお出版)を出すことを企画しています。本論文集は、特集のテーマでのレキシコン研究論文(依頼論文)を収録する単行本ですが、レキシコン研究の発展および裾野を広げるために投稿論文も1〜2本掲載したいと考えています。つきましては、以下の要領で特集テーマに合った投稿論文を一般募集いたします(特に大学院生・若手研究者を歓迎します)。

書名(仮)『レキシコンの現代的課題』

内容:現代のレキシコン研究にどのような課題があり,どのように解決していくかを考える論文集とします。レキシコンに関するオリジナルな研究成果を提示した研究論文で,具体的な言語現象を取り上げ,これからのレキシコン研究の展望を開く考察を展開する研究論文を掲載します。特集の企画として,それぞれの論文において,取り上げたテーマに関する研究の発展の方向性・将来の展望(これからどのような研究を進めていく必要があるのか)を示すセクションを最後に設けます
 未発表論文に限ります。レキシコン研究のコアとなる語彙意味論・形態論・形態統語論・形態音韻論などの理論分野だけでなく,種々の関連領域への応用的研究(日本語教育,方言など)も可能です(博士論文の一部は可能。研究ノート(Notes & Discussion)は含めない)。採否は、ピアレビューにより決定します。ただし、紙幅の都合により掲載できる本数が少ないことを前もってご承知おき下さい。出版は2020年後半の予定です

執筆要領

使用言語: 日本語
分量: 論文用のテンプレートを使用して20〜25ページ
原稿締め切り: 2019年10月31日(必着)。原稿は電子ファイル(Word, PDF)にて提出。

問い合わせ,論文用テンプレート請求および原稿提出先

岸本秀樹(メールアドレス:「kishimot」と「lit.kobe-u.ac.jp」をアットマークでつなぐ)まで


レキシコン研究論文集シリーズ 既刊

レキシコン研究の新たなアプローチ』(2019)
Lexicon Book