甲南大学にいる留学生って?

甲南大学には以下の留学生がいます。

Year-in-Japan Program

アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・ドイツ・フランスからの交換留学生は、Konan University Year-In-Japan Program(9月開始・5月修了) に参加しており、午前中に日本語の授業、午後にジャパンスタディーズの授業を履修しています。また、年に数回のフィールドトリップにも出かけます。なお、このプログラムに参加している留学生は、ホームステイまたは寮に滞在しています。

韓国・中国・台湾からの交換留学生は、4月または9月に来日し、1年間もしくは半期の間、甲南大学生と同じ学年暦に沿って、通常の講義を受講しています。また、経営学部ではドイツより交換留学生の受入れを行っています。

「夏期日本語集中講座」
参加留学生

夏期日本語集中講座に参加する留学生は、6月から7月にかけての6週間、ホームステイをしながら、日本語を集中的に学びます。

一般交換留学生

アジアの協定校からの留学生は4月または9月に来日し、半期もしくは1年間、甲南大学生と共に通常の講義を受講します。

甲南スタディーズ

海外協定校から外国人学生が数日間来日し、講義受講、文化体験等を通して日本事情について学びます。

国費・私費外国人留学生

学部学生、大学院生、あるいは研究生として、甲南大学生と一緒に通常の講義を受講しています。

※外国人留学生の進路状況(就職実績)については、以下のとおり。

  平成30年度:卒業生0名  平成29年度:海外企業1名、大学院進学1名(卒業生2名)  平成28年度:卒業生0名