甲南大学 人間科学研究所

MENU

イベント

  • トップ
  • イベント一覧
  • 【シンポジウム/公開講演会】第1回九鬼周造記念講演会「九鬼周造の人生と哲学」<7/13>(7/27報告追加)
2019/7/27
研究者・学生の方

【シンポジウム/公開講演会】第1回九鬼周造記念講演会「九鬼周造の人生と哲学」<7/13>(7/27報告追加)

第1回九鬼周造記念講演会 シンポジウム「九鬼周造の人生と哲学」

第1回九鬼周造記念講演会 シンポジウム「九鬼周造の人生と哲学」 実施報告

2019年7月13日(土)に実施されました第1回九鬼周造講演会、数多くのご来聴をいただき、盛況となりました。お越しいただいた皆様に改めて御礼申し上げます。
大学近隣の一般ご来聴者から、関西一円の大学生の方、そして哲学を専門的に研究し始めている大学院生の方々など、幅広い参加がありました。
まず司会(川口茂雄先生)から、近年九鬼の哲学が世界的にいっそう注目を集めていることと、今年が甲南学園の100周年にあたることが述べられ、伝統と新しさという両方の意義にのっとっての九鬼周造記念講演会の開催がアナウンスされました。
九鬼周造と甲南大学とのかかわりを解説する森茂起先生(人間科学研究所長)の開会挨拶ののち、古川雄嗣先生(北海道教育大学旭川校准教授)によるメインの講演がおこなわれました。古川先生のご講演は、九鬼周造の人生を丁寧に紹介しつつ、単なる文献的な哲学研究・哲学史研究にとどまらない哲学の本質をそこから改めて問い直すような、そして現代を生きる人の人生の経験にも直接触れるところのあるような、とてもわかりやすい講演であったと好評でした。
次いでコメンテーターの先生方お二人(長岡徹郎先生・山根秀介先生)によるコメントと、それに対する古川先生の応答という、充実したやりとりがあったことは、哲学系の大きな学会などでは時々見られる光景ですが、一般公開の講演会で、かつ阪神間では、これまで頻繁には催されてこなかったものであり、
事柄を複数の観点・複数の言葉から考える機会として、興味深く、また新鮮に受けとめられた来聴者の方が多かったようです。
その後、フロアの来聴者をまじえての質疑応答がおこなわれたのち、閉会となりました。講演とコメントおよび質疑応答については、今年度の人間科学研究所の紀要にて詳細を掲載する予定です(ウェブ上で閲覧可能の予定)。

次年度開催予定の第2回につきましては、甲南大学ホームページ、人間科学研究所のホームページ、および人間科学研究所のツイッターにてお知らせしてまいります予定です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日時:2019年7月13日(土)15:00~17:00

場所:甲南大学 岡本キャンパス iCommons地下一階iStage

開会挨拶「九鬼周造と甲南大学」:森茂起(甲南大学教授、人間科学研究所長)

講演者:古川雄嗣(北海道教育大学旭川校准教授)

コメンテーター:長岡徹郎(京都大学非常勤講師)、
        山根秀介(舞鶴工業高等専門学校講師)

司会:川口茂雄(甲南大学准教授)

一般来聴歓迎
予約不要

フロアの来聴者と講演者とのあいだでの質疑応答の時間を設ける予定です。
九鬼周造や日本哲学などにご関心のある方々に幅広くお越しいただければと存じます。

お問い合わせ先:甲南大学人間科学研究所
TEL/FAX:078-435-2683
E-mail:kihs@konan-u.ac.jp

ポスターPDFはこちらをクリックしてください

KUKI SHUZO Annual Memorial Lecture 2019 “Life and Philosophy of Shuzo Kuki”

13th July, 15:00-17:00, iCommons, Okamoto Campus, Konan University

Welcome Speech: Shigeyuki Mori (Konan University, Director of KIHS)

Keynote: Yuji Furukawa (Hokkaido University of Education, Asahikawa
Campus)

Panelists: Tetsuro Nagaoka (Kyoto University),
Shusuke Yamane (NIT Maizuru College)

Moderator: Shigeo Kawaguchi (Konan University)

No registration needed.