講座No.04冬期公開講座

バドミントン教室
−試合に役立つショートリターン!−

今回は、「試合に役立つショートリターン」がテーマです。ネット付近のリターンには、ヘアピン、ドロップ、スマッシュのブロック等々いくつかのショットがあります。各々のショットは打つことができても、試合の中でどのように使うのが効果的なのかがわからないと感じる人も多くいるでしょう。今回は、ショートリターンの中でも、特にフォアコート(ネット付近)とミッドコート(自分達のエンドの縦方向の真ん中付近)からの返球を中心に練習に取り組みましょう。
指導者コースでは、初心・初級レベルの指導者や指導者を目指す方を対象に。指導理論の基本を学んだ上で、バドミントン教室での指導実習を通して指導のスキルアップを図ります。

開催日時

2019年1月12日・19日・26日 各土曜日、全3回

一般コース 10:00〜12:30(150分間)
指導者コース【講  義】9:30〜9:50・12:40〜13:10
 (初回のみ)9:00〜9:50・12:40〜13:10
 【指導実習】10:00〜12:30


第  1  回
1月12日(土)
まず初めに、ショートリターンに必要な基本的なショットの練習をします。初心者の方は、ラケットの持ち方、サービス、ラリーを続ける練習をします。指導者コースでは、バドミントンの基本技術、指導上の安全配慮について学んだ上で、指導実習をおこないます。
第  2  回
1月19日(土)
フォアコートでのショートリターンを練習します。ネット付近での返球は相手の状況に応じて変化が必要です。初回に練習したショットをゲームの中で使う練習をします。初心者の方はラリーを続けること、ストロークの打ち分けを練習します。指導者コースは、事前に指導ポイントを学び、指導実習をおこないます。
第  3  回
1月26日(土)
ミッドコートでのショートリターンを練習します。真ん中からの返球が多様であることは、ゲームを優位に進めることに繋がります。初回に練習したショットをゲームの中で使う練習をします。初心者の方は、自たちで試合ができるようになりましょう。指導者コースは、事前に指導ポイントを学び、指導実習をおこないます。
講 師スポーツ・健康科学教育研究センター
教授 鵤木千加子

追 記

より楽しく、より深く、バドミントンに親しんでいただくために、技術解説や練習方法の紹介、TA(テクニカル・アドバイザー)を中心としたグループ練習を行います。また、指導者コースの指導実習を兼ねていますので、お互いに効率的に学び合うことができます。もちろん、日頃の練習不足やストレス解消として、また仲間づくりの場としても活用してください。
技術レベルに応じて4つのグループに分け、各コースにTAが付きますので、初心者の方々も安心してご参加ください。男女は問いません。友達同士でもご夫婦でも参加可能です。

募集概要

定 員一般コース:40名/指導者コース:10名
※募集定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
対象者一般社会人・学生(高校生以上)
会 場岡本キャンパス 講堂兼体育館
受講料5,000円/全3回(傷害保険料・テキスト代・消費税含む)

※割引対象の講座です。詳細は、[受講料の割引について]をご確認ください。

申込期間

2018年12月3日(月)〜12月12日(水) 消印有効
※ホームページでは、12月3日(月)午前10時より受付開始。

申込方法

ホームページにてお申し込みください。
申し込み受付後、受講に関するご案内を郵送いたします。受講料は案内に記載の指定日までに指定口座に納入していただきます。

[ホームページでのお申込み]

申込みフォームへ

申込・お問合せ先

甲南大学 地域連携センター
〒658-8501 神戸市東灘区岡本8丁目9番1号
TEL:078-435-2276(直通)