140x140

h1_about

所長挨拶

甲南大学総合研究所
所長  村嶋 貴之

 

総合研究所 所長あいさつ

甲南大学は文系から理系まで8学部4研究科を擁する総合大学でありながら、教員数250名、学生数9000名程度のミディアムサイズの大学です。甲南学園100年の歴史を通して、この中規模大学という特徴を活かし、人文科学・社会科学・自然科学という学問の垣根を超えた、総合的・学際的研究を指向するという学風を育ててきました。総合研究所は、こうした学風を受けつぎ発展させるとともに、社会に還元することを目指して1984年5月に設立、発足しました。

研究所の目的は、諸科学の既成の枠組みにとらわれず、学際的あるいは分野融合的な発想にもとづく斬新な研究テーマを創出・推進し、社会に還元できる成果を発信することにあります。そのために、毎年いくつかの研究テーマを公募ないし企画し、学部・学科の壁を越えた共同研究を組織し、研究成果を「研究叢書」として公刊しています。また、甲南大学の研究を知っていただく機会として、広く地域住民の方々にも参加していただける「公開講演会」を開催しています。

これらの総合研究所の活動内容は、年二回発行している「総合研究所所報」にくわしく掲載しています。是非ご支援、ご注目をよろしくお願いいたします。

 

委員の紹介

令和2年度より、総合研究所所長には、村嶋貴之・フロンティアサイエンス学部教授が就任することになりました。
また、総合研究所委員会の各学部選出委員として、鳴海邦匡教授(文学部)、池田茂教授(理工学部)、永廣顕教授(経済学部)、金汶淑教授(法学部)、馬場大治教授(経営学部)、関和広教授(知能情報学部)、真崎克彦教授(マネジメント創造学部)、臼井健二准教授(フロンティアサイエンス学部)、谷守正寛教授(国際言語文化センター)小西幸男准教授(共通教育センター)、宮川聡教授(法科大学院)が選出されました。