部活紹介

硬式野球部

・第1回戦 4月3日(土)○ 0-7 ・第2回戦 4月6日(火)○2-1 ポイント→4 第1回戦 追門大 000 000 0 = 0  甲南大 121 102 X =7x 1一柳9 2井川5 3塩崎D 4冨士4 5稲田6 6沼田3 7那須7 8金蔵2 9東野8 P井村 井村、岡本 -金蔵 初回、稲田の犠飛の間に先制し、2回には井川のスリーベースなどにより2点を追加。そこから各回毎に得点を重ね7回コールドで開幕戦快勝しました。投げては、井村の6回2安打の好投。最終回は期待の一年生ピッチャー岡本が0点で抑え、試合を締めくくりました。 第2回戦 甲南大 110 000 000=2 追門大 000 001 000=1 1一柳9 2井川5 3塩崎D 4冨士4 5稲田6 6沼田3 7三上7 8金蔵2 9東野8 P木村 木村 -金蔵 初回から相手投手の立ち上がりを攻め、四球・ヒットでチャンスを広げ、相手のミスを誘う攻撃で先制。続く2回も得点を重ねた。その後、ヒットは出るものの得点を重ねることができなかったが、先発・木村が追手門打線をテンポ良く抑え、1失点、自責点0の好投により、2戦目も勝利を飾りました。これにより、第1節は2戦2勝(ポイント6)となりました。