Konan University Library

貴重資料・コレクション

本学には、次のような内外から注目を集めるコレクションがあります。
利用についてはお問い合わせフォームでご連絡ください。

◆九鬼周造文庫

哲学者九鬼周造(KUKI Shuzo)の蔵書は、天野貞祐(旧制高等学校第7代校長)の計らいにより、昭和18年に寄贈された。1998年9月、図書館内に「九鬼周造文庫室」が設けられ、哲学・文芸の広範囲にわたる著名図書を内容とし、「いきの構造」の原稿やドイツ留学時の講義ノートなど貴重な資料も含まれている。
※2016年4月1日より、『甲南大学デジタルアーカイブ(Konan University Digital Archive )』にて電子公開されました。

<非公開>

◆安部文庫

元京都大学人文科学研究所長安部健夫(東洋史学者)の旧蔵書(4,096冊)で、昭和35年と昭和36年の2回にわたって購入した。内容は中国史・文学・哲学に関する基本的な漢籍が多く、また同分野の研究文献も含まれており、中国近世史研究の資料としては完備したものである。 >>リストはこちら  

<非公開>

◆長沼文庫

長沼重隆(評論家)の旧蔵書で、米国詩人ホイットマンに関する精細なコレクション。積年の収集にかかる資料をまとめられたもので、昭和40年に購入し、以後もホイットマン関係図書が寄贈され、購入したものと合わせると591冊になる。この文庫は、文学部英文学研究室によって整理され、現在も所蔵されている。

<非公開>

◆シベリア関連資料

元甲南大学文学部教授堀直氏の旧蔵書で、甲南大学図書館に寄贈された。内容はシベリア抑留関連資料を中心に満州などの戦前戦後の資料である。引き続きこの分野の収集を行っている。貸出は可。

<所蔵場所 : 書庫4階シベリア関係資料>

◆中南米関連資料

元甲南大学法学部教授藤田宏郎氏の旧蔵書で、甲南大学図書館に寄贈された。内容は中南米諸国の歴史・政治・法律など多岐にわたり、和書と洋書で構成されている。引き続き内容の充実を図っている。貸出は可。

<所蔵場所 : 書庫4階中南米関係資料>

◆啄木関係資料

元立命館大学文学部教授上田博氏の旧蔵書で、文学部教授木股知史氏を通じて甲南大学図書館に寄贈された。石川啄木に関する評論などの資料で構成されている。引き続き内容の充実を図っている。

<館内閲覧のみ>

◆並河文庫

元甲南大学文学部教授堀直氏を通じて故並河万里氏から甲南大学図書館に寄贈された。写真家である故並河萬里氏の作品集や蔵書および父親の故並河亮氏所蔵資料で構成されている。            

<非公開>

◆創刊号コレクション

卒業生の永井誠一氏より寄贈された1980年から2006年までの雑誌の創刊号(757点)のコレクションである。
>>リストはこちら

<館内閲覧のみ>

◆William Shakespeare全集版

Folio版(1623年)からはじめて、刊行されたShakespeare全集の版本がほぼ揃っている。全集がどのような形で編まれ、校訂され、脚注を付せられて一般の読者にとどくようになったか。また、作品を特定しそれを全集に組み入れていった様々な研究の足跡をたどることができる。

<非公開>

PAGETOP
Copyright © 甲南大学図書館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.