採用情報

経済・法・経営学部合同事務室(2017年度入職)

所属部課室での仕事内容

  • ・カリキュラムにかかる業務
  • ・教授会運営(資料・議事録・報告書の作成)
  • ・パンフレットなど広報物の作成
  • ・オープンキャンパスなど学部イベントの運営
  • ・学生・教員の窓口対応
  • ・入学試験にかかる業務
  • ・大学院関連業務

ある1日のスケジュール

8:45 出勤、メールチェック、教授会準備
9:30 教授会
12:00 昼食
13:00 議事録や承認事項報告書の作成
14:30 オープンキャンパス準備
15:30 カリキュラム編成に関する打ち合わせ
16:30 履修登録に関する事務処理
18:00 退勤

甲南学園専任職員を志した理由

就職活動が本格化した大学4年生の時、それまでで最も自由に、たくさんの新しいことに挑戦できたのが大学時代であったことに気づきました。学校職員を志した理由は、その後の人生を大きく左右する大学という場所で、一人でも多くの学生の挑戦をサポートしたいと考えたからです。また、中規模である甲南大学であれば個性を大切にし一人ひとりに寄り添ったサポートができると考え、甲南学園を志望しました。

仕事で心がけていることは?

甲南大学経済学部の立ち位置を理解することに努めています。事務室内で仕事を行っているだけでは実際の学生の声や学外から求められているニーズを把握することはできません。そのため、学生と話す機会があればなるべく授業の話を聞いたり、他大学のオープンキャンパスに参加するなど常に情報収集を心がけています。社会科学系の学部は多くの大学にありますが、甲南大学経済学部だからこそ提供できる教育とは何かを教員と一緒に考え、広報物の作成やオープンキャンパスのイベント企画などを行うようにしています。

甲南学園専任職員を目指す方へ

甲南学園の業務は学生を直接サポートするだけでなく、職員が先頭に立って取り組むものもたくさんあり、自ら考え、提案・実行できる環境があります。そして、さまざまな業務が在学生の学生生活を支えることにつながり、やりがいを持って働くことができると考えます。
甲南学園の良さに共感してくださり、学生のために働きたいと考える方は、ぜひ選択肢のひとつに本学職員を加えてみてください。

経済・法・経営学部合同事務室(2017年度入職)
甲南学園創立100周年
KONAN TODAY