博物館実習展:「人!人。人?」

博物館実習展「人!人。人?」

開催期間・日時:2017年8月18日(金)〜9月7日(木)

月~土 9:00-18:00

日・祝日 9:00-17:00

 

展覧会趣旨

 ギャルリーパンセでは、毎年、文学部の学芸員課程科目の授業の一環として、2年次の実習生が実習展を企画します。今年の実習展では、「人」をテーマとしたコラージュ作品が集められています(コラージュもすべて文学部人間科学科の授業の中で学生が制作した作品です)。

 「人」といっても、どこかおかしい、少し不思議な人が描かれた作品たちです。展覧会は2つのコンセプトからなり、2つの壁面がそれぞれのコンセプトに対応しています。一方には、人の身体をしているけれど頭だけが動物や物で作られた作品群。もう一方には、様々なものを組み合わせて作られた人の顔や形になっている作品群。作品を見ると思わず「人だ!人だよね。人なのかな?」と問いたくなるのではないでしょうか。そのような意図を込めて展覧会のタイトルを「人!人。人?」にしました。

人だけど人ではない。そんな不思議な世界が広がる展覧会をお楽しみください。

 

会場風景

 

【博物館実習展ポスター】

せんたくき 選択期 【博物館実習展】

2014年8月20日(水)-2014年9月10日(水)

博物館実習展「選択期」

本展覧会は、文学部人間科学科の学芸員養成課程「博物館実習」の一環として、私たち実習生が企画したものです。

展示されている作品は、文学部人間科学科の授業「イメージ・トレーニング」で今年度の1年生が制作したコラージュ(※)の作品です。

私たちは、自分たち大学生を「選択期」の若者と位置付け、私たちが直面するあらゆる選択の場面に注目しました。

欲望や理想の中から比較的現実的なものを、溢れる情報の中から自分に必要なものを、自分の進路を、将来の目標を・・・。

子どもでもいられない、大人にもなりきれない、そんな私たちの選択に対するリアルな思いや葛藤を作品から感じ取っていただけると思います。

今まさに選択期に立っている大学生の皆さん、幾度もの選択を積み重ねてきた方、あるいはこれから選択期に立つ若い人達に、この展覧会を通して現在・過去・未来の選択へ思いを馳せていただければ幸いです。

※コラージュとは
フランス語で「糊による貼り付け」という意味がある、現代美術の表現方法の一つです。

>>チラシPDF<<

○ 開催期間/日時: 

8月21日(木)~9月10日(水)

月~土 9:00-18:00
日・祝日 9:00-17:00

選択期1
選択期2

博物館実習展「 Messages ~ 今、伝えたいこと ~ 」

2011年8月13日(土)-2011年8月28日(日)
 月~土 9:00~18:00
 日   9:00~17:00

 本展覧会は、文学部人間科学科の授業「イメージ・トレーニング」で今年度の学生によって制作されたコラージュの作品展です。
文学部人間科学科の学芸員課程「博物館実習」の一環として、私たち実習生が企画いたしました。
 私たちは、多数のコラージュ作品の中から特に「メッセージ性」の強いものを選んで展示しました。
それぞれの作品には、制作者の想いが込められています。
その作品一つ一つに込められた想いは、今を見つめ直すこと、未来を考えるもの、人間のエゴ、その中でも人間の素晴らしさを表すもの…
何かしら私たちに忘れてはならないものを感じることができるでしょう。
ただ作品鑑賞を楽しむだけでなく、展示品にどのような想いが込められているかを想像してみてください。
そして、それぞれの「メッセージ」を通して新しい何かを感じ取り、生きていくということについて今一度、考えてみる機会になることを願っています。

学芸員課程「博物館実習」学内実習生

大西 小百合  中川 琴絵  中島 知子
林 祥代   樋口 久恵  前田 悠衣
毛利 瞳   安井 隆介

コラージュとは
 コラージュとは、フランス語で「糊による貼り付け」という意味がある、20世紀初頭に生まれた現代美術の表現方法の一つです。
 雑誌や広告、新聞紙などから写真や絵(=既製のイメージを用いる)を切り抜き、それらを台紙に貼って一枚の作品を作ります。
このような極めて簡単な方法で自己表現が可能となります。
今日では心理療法においてもコラージュが取り入れられており、制作し創造すること自体が自己治癒のプロセスとされています。
これをコラージュ療法といいます。

お問い合わせ先 
078-435-2574(川田)078-435-2675(文学部事務室)

チラシの拡大画像はこちら

チラシ

Galerie Pensee 博物館実習展『子どもにかえるとき』のご案内

2010年8月26日(木)-2010年8月26日(木)

「イメージ・トレーニング」「博物館実習」の一環として8月26日(水)より、5号館1階のGalerie Pansee(ギャルリー・パンセ)において博物館実習展『子どもにかえるとき』を開催いたします。学生たちの成果をぜひご覧ください。

『子どもにかえるとき』(博物館実習展)
・期間 :2010年8月26日(木)~9月15日(水)
・時間 :9時~18時(日・祝17時まで)

本展覧会は、文学部人間科学科の授業「イメージ・トレーニング」で今年度の学生によって制作されたコラージュの作品展です。文学部人間科学科の学芸員課程「博物館実習」の一環として、私たち実習生が企画いたしました。

私たちは、多数のコラージュ作品の中から「子ども」のイメージを用いたものを選んで展示しました。「子ども」という存在は実に様々な表情を持っています。そこには、見ているこちらを笑顔にしてくれたり、時には何か忘れていたものを思い出させてくれたりするような、不思議な力があります。まずはそんな子どもたちの豊かな表情をお楽しみください。そして次は、皆様ご自身の子ども時代に思いを馳せてみてください。子どもの頃、何が好きでしたか? 何をして遊びましたか…?

誰にでも一度はあった「子ども」の時代。日常生活の中では「おとな」であることを求められるものですが、夏の終わりの一時だけ、あの頃に戻ってみませんか。それぞれの作品が持つ世界観を感じとっていただけましたら幸いです。

学芸員課程 「博物館実習」 学内実習生

博物館実習展『子どもにかえるとき』

博物館実習展「COLOR」

2009年8月26日(水)-2009年9月9日(水)

本展覧会は、今年度の文学部人間科学科の授業「イメージトレーニング」で
学生によって制作されたパステル画の作品展です。
文学部人間科学科の学芸員課程、博物館実習の一環として、
私たち実習生が企画いたしました。
今年度の作品は“感情のかたち”をテーマに学生たちが
自由に描き出したものです。
同じ素材を使用しているにもかかわらず、
1つとして同じもののないイメージの世界が出来上がりました。
私たちはそこに描き出されたものをそれぞれの作者がもつ“COLOR”と捉えました。
様々な感情のかたちを感じ、味わい、
更にそこから呼び覚まされたご自身の感情とどうぞ向き合ってみてください。

博物館実習 学芸員課程 学内実習生
岡崎 佑紀    駒井 佐紀 三谷 由里子 
斉藤 ゆみ   渡部 仁美   福田 早希子

ポスター
ギャルリー

館 勝生 展

2008年9月15日(月)-2008年10月17日(金)

展覧会とライブの企画運営は「博物館実習(美術系)」の一環として
甲南大学人間科学科4年生が担当します。是非ご高覧下さい!(参加無料)

9月15日(祝)15時~「作品表現研究Ⅱ」講師である 館 勝生氏によるライブペインティングが行われます。

略年譜
1964年、三重県に生まれる。
大阪芸術大学在学中の1985年に大阪のギャラリー白にて初個展。以降、数多くの個展やグループ展で作品を発表し続けている。近作では軌跡から筆の運びが連想される、身体表現そのものであるかのような作風が特徴となっている。

館 勝生 展

博物館実習展「くつをはいたら」

2008年8月21日(木)-2008年9月12日(金)

本展覧会は、今年度の文学部人間科学科の授業「イメージ・トレーニング」で、学生によって制作されたコラージュの作品展です。文学部人間科学科の学芸員課程、博物館実習の一環として、私たち実習生が企画いたしました。人間表現領域と心理臨床領域を学ぶ学生にとって、このコラージュ制作はどちらの領域も含むものであると言えます。
                                        
私たちは、多数のコラージュ作品から「くつ」のイメージを用いたものを中心に展示しようと思います。コラージュされた「くつ」たちは、物事の始まりを感じさせたり、時に愉快なステップをイメージさせたりと、様々な表情を見せてくれるでしょう。さらに、本展覧会では「くつ」のイメージから、「願望」という新たなテーマへ発展させようと試みています。くつをはくことは、すなわち心身が動き出す準備です。例えば、私たちはどこかへ出かけようと思う時、玄関口でくつをはきます。願望を抱く時、何か理想に歩み寄る時にも、同じように心もくつをはいているのではないでしょうか。

さぁ、いよいよ「くつをはいたら」―― あとは、作品の持つメッセージ、エネルギーを感じて頂けましたら幸いです。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

博物館実習 学芸員課程 学内実習生
松下 純也  森田 詳基  西原 吉美
西畑 智弘  野崎 祥太  中出 慎佑
竹下 順   居上 智佳  金児 真衣

※コラージュとは、フランス語で「糊による貼り付け」という意味があります。
雑誌や広告、新聞紙などから写真や絵(=既製のイメージを用いる)を切り抜き、それらを貼って1枚の作品を作ります。このような極めて簡単な方法で自己表現が可能となり、その過程で癒される効果があり、これをコラージュ療法といいます。

お問い合わせ先 078-435-2574(川田)
        078-435-2675(文学部事務室)

ポスター