文学部

文学部

  • 文学部
  • FACULTY OF LETTERS
人と世界。
その根源にふれる学び。
文学部 FACULTY OF LETTERS

文学部の学び

行動する知力を身につけ、この社会と深くつながる。

私たちが生きているこの世界を理解するために、人間の知識や文化の根源を探究していく学問。それを人文学(Humanities)と言います。甲南大学の文学部では、5つの学科で、言葉や文学、社会や歴史、心や芸術など、人文学の諸分野を学びます。こうした文学部での学びは、あなた自身を、社会と、世界とつなぎます。さあ、このわくわくするようなテーマをともに学びましょう。

文学部で身につく力

  • 国際教養力

  • 日本だけではなく、グローバルに通用する学びを提供します。

  • 専門力

  • 人文学の諸分野を広く学びながら、専門領域での実力を磨きます。

  • 表現力

  • つねに対話しながら考えていくことで、言葉の力を鍛えます。

  • 解決力

  • 自ら問題を設定して、それを自分で解決できる能力を身につけます。

学びの領域

複雑な世界を理解する人文学(Humanities)の5つの惑星。

文学部の5学科では、基礎的な表現力・調査力を身につけるとともに、対話する力を実践的に鍛えるための基礎教育をおこなっています。さらに5学科の学びを足して、実践的な人文学をめざす<ぶんたす>プロジェクトもスタート。他学科の専門科目も選択できることから、より幅広い知識と実践力をもった人材を育成します。

学びの領域

文学部学科一覧

STUDENT VOICE

私が甲南大学を選んだ理由

視野が広がる 分野を超えた 歴史の学び

歴史文化学科 3年次 松浦 寛さん
兵庫県立青雲高校 出身

歴史文化学科 3年次 松浦 寛さん
歴史が好きで、とくに中東・アラブ系の歴史や文化に興味があったんです。他大学にはあまりない、この分野を学べるということで甲南大学の歴史文化学科を選択しました。この学科では、東洋史とか西洋史というだけでなくいろいろな地域の歴史を学べるんですよ。わたしも地中海の歴史を学ぶうちに、これを中東と関連させながら勉強できないかと考えるようになったりしました。また、フィールドワークをする授業が多いですね。六甲山に登って植生を調べたり、ゼミでも神戸三宮のモスクに出かけて取材をしたり。視野を広げてくれる学びが多い大学です。

関連リンク

PAGE TOP