大学企画展:2019年度 福村惣太夫 2018年の仕事

ギャルリー・パンセ大学企画展

2019年度 「福村惣太夫 2018年の仕事」

2019年9月17日(火)~10月19日(土)会期中無休

 

甲南大学では毎年、国内外で活躍する作家の展覧会を行っています。この展覧会の企画・運営は、博物館実習生が中心となって取り組んでいます。今年は、80歳を越えた今も精力的に活動する福村惣太夫(ふくむら・そうだゆう)氏を招き、展覧会を開催いたします。

1936年生まれの福村惣太夫氏は、京都府亀岡市にある社会福祉法人松花苑が運営するグループホームで暮らしています。グループホームへの入居以前は、同法人の障害者支援施設「みずのき」(旧みずのき寮)に長年暮らしていました。みずのき寮では、1964年から日本画家・西垣籌一氏の指導による絵画教室を開設していました。福村氏は「絵画教室」の開設当初からの中心的メンバーの一人でした。

西垣氏の逝去後、それまでの絵画教室は終了し、現在につながる「みずのきアトリエ」が開設され、福村氏はグループホームでもアトリエでも制作を続けています。本展では2018年の1年間に制作された約80点の作品から、福村氏の現在に迫ります。

また、亀岡市のみずのき美術館においても、福村氏の絵画教室時代の初期作品、練習作品、1980年代の代表作品などを紹介する展覧会を開催します。ぜひ併せてご覧ください。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■関連イベント

トークイベント「福村惣太夫とみずのき−その歴史と現在」

10月14日(月・祝)14:00~16:00

ゲスト 奥山 理子(みずのき美術館キュレーター)

森 太三(美術家・みずのきアトリエ講師)

聞き手 服部 正(甲南大学文学部)

会場 甲南大学5号館 1階 511教室(ギャラリー横)

聴講無料・予約不要

■関連イベント 「福村惣太夫展−掘るように 描く−」

会場 みずのき美術館 〒621-0861 京都府亀岡市北町 18 電話 0771-20-1888

会期 2019年9月7日(土)~12月8日(日)

休館日 月・火曜日(祝日の場合は開館)

開館時間 10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)

入場料 一般400円/高大生200円/中学生以下無料

    ※障害者手帳をお持ちの方(付添者は原則1名まで)は無料

川原百合恵 絵画展 ―振る舞いの色彩―

響きあい、かつ、せめぎあう、色彩と線とマチエール。

川原百合恵の絵画世界をぜひご高覧ください。

 

2019年7月8日(月)~7月20日(土)

平日・土曜 9時~18時/日祝 9時~17時

場所:甲南大学5号館1階 ギャルリー・パンセ

 

(川原百合恵 プロフィール)

 1995年 鹿児島県生まれ

 2018年 神戸大学発達科学部人間表現卒業

      在学中より画家・岸本吉弘に師事

  現在 神戸大学大学院 人間発達環境学研究科に在学中(修士2年)

     甲南大学文学部人間科学科 ティーチング・アシスタント(西洋美術史)

《個展》

2016年 ギャラリー花六甲(神戸)

2017年 ギャラリー虹(神戸大学、2018年)

2018年 サンセイドウ・ギャラリー(神戸)

2019年 のびやかスペースあーち(神戸、灘区民ホール)

     ギャラリー白(大阪)

《グループ展》

2017年 「神戸大学発達科学部人間表現学科絵画表現ゼミ展―ilotoli―」

海岸通ギャラリーCASO(大阪)

     「CASO Spirited EXHIBITION 2017」   海岸通ギャラリーCASO

2018年 「神戸大学発達科学部人間表現学科絵画表現ゼミ展 ―サイテンー」

神戸アートビレッジセンター  

     「CASO Spirited EXHIBITION post 2017」 海岸通ギャラリーCASO

川原展DM1

川原展DM2

大学企画展:2018年度 森太三展「転用と配列」

 ギャルリー・パンセ大学企画展
2018年度 森太三展「転用と配列」
2018年9月18日(火)~10月20日(土)会期中無休

甲南大学では毎年、国内外で活躍している作家による展覧会を行っています。この展覧会の企画・運営は、博物館実習生が中心となって取り組んでいます。今年は、関西を中心に数多くの個展やグループ展で精力的な活動を続ける美術作家の森太三(もり・たいぞう)氏をお招きし、展覧会を開催いたします。
森太三氏は、粘土や紙、木材など、私たちの身近にある素材に手を加えて空間に配置することで、その空間の印象を一変させる作品を多く手がけてきました。執拗に、丁寧な手作業で加工された作品は、そこに費やされた膨大な時間と、それにも拘わらず原材料の風合いを絶妙に残した繊細な質感で、鑑賞者を異質な空間の体験へと導きます。今回の展示では、淡く彩色された木片を組み合わせたレリーフ状の作品と、空を撮影した様々な写真の断片をちりばめた作品を展示します。明るい光が溢れるギャルリー・パンセの空間は、森太三氏の作品によって大きく印象を変えることになるでしょう。

 

■関連イベント
トークイベント「つくり続ける日常」
10月14日(日)14:00~16:00
ゲスト 森 太三(出展作家)
堀尾 貞治(現代美術家)
聞き手 服部 正(甲南大学文学部)
会場 甲南大学5号館511教室(ギャラリー横)
聴講無料・予約不要
2018大学企画展チラシ

 

 

森太三《Sky chart》2018年(部分)

森太三《転用と配置》2017-2018年(部分)

大学企画展:2017年度 大川誠個展 けったいなものがみたい、永遠に。

ギャルリー・パンセ大学企画展

2017年度 大川誠個展 けったいなものがみたい、永遠に。

2017年9月21日(木)~10月21日(土)

 

出品施設コメント

2016年春、大川誠は天に召されました。生前の大川は、自らの行き場のない感情をぶつけるようにして制作を続けていました。しかし、そこには負の感情だけでなく、大好きだったものに対する愛やユーモアが込められているように思われます。彼が旅立った今、残された作品たちが彼の代弁者といえるでしょう。

彼の目が、手が、心が何を感じていたのか…作品を介して彼自身の魅力に触れ、皆様の障害者に対する価値観が変容する機会となることを願います。「けったいなものがみたい」。そう、作中に残した彼の見た世界が、いかに優しく、激しく、けったいなものであったか、作品を通して受けとめてもえたらと思います。

アトリエコーナス

 

■関連イベント

トークイベント「大川誠の世界−その根源にあるもの−」

ゲスト 中津川 浩章(美術家/アートディレクター)

     白岩 高子(アトリエコーナス施設長)

聞き手 服部 正(甲南大学文学部)

10月15日(日)午後2 時~午後4 時 甲南大学1号館1-22教室

 

チラシ

 

会場風景
 

 

大学企画展:欠片の復元力~三聖病院の余材から~

欠片の復元力~三聖病院の余材から~(展示監修:伊達伸明)
2016年9月16日(金)~10月15日(土)

展覧会趣旨
築90年の木造建物がひとつ、姿を消しました。
関わった人々がさまざまな思いで過ごしたその場所に
「廃材として」残されていた木材やかけらには、
隅々にまで人の手と時間が育てた豊穣な存在感がありました。

使い古されたモノにしか醸し出せないものとはなにか。
声なきモノからどのように流れ去った時を聞けばよいか。
時には考古遺物のように、時には友達のアルバムのように
残された欠片(かけら)と向き合ってみましょう。

関連イベント
トークイベント「空間記憶を読む 」
ゲスト:伊達伸明(展示監修者)・三脇康生(仁愛大学大学院臨床コース教授/精神科医/美術批評家)
聞き手:服部正(甲南大学文学部)
9月25日(日)午後2時~午後4時 甲南大学511教室

チラシ

会場風景

大学企画展:西淡路希望の家の美術展

西淡路希望の家の美術展
淡々と、黙々と、サクサクッと描くのです。
~おそらく、魂の叫び、ではなく、無欲、でもなく、まったくの孤独、でもないけれど
2015年9月18日(金)~10月17日(土)

出品グループコメント
西淡路希望の家は、大阪市東淀川区にある、知的障害者の通所施設です。
9時30分から16時30分までが働く時間。
月3回だけその後、2時間、美術部があります。
仕事を終えて、いそいそと美術部の部屋へ集まり、各々がマイペースで描き始めます。
部員10名、見学に来られた方への自己アピールや、褒められた時の破顔一笑の素晴らしさ。
しゃべり続けて手元を見ずに制作するなんてことは、当たり前。
寝ている人、イヤホンでムード歌謡を聴いている人、職員の名前をつけて戦国時代で戦わせる人。
今回は、淡々と、黙々と、そしていつもサクサクッと描いている4人です。
作品を通して、是非とも作者にも思いを馳せながらご覧下さい。
西淡路希望の家 美術部代表 金武啓子

出品作家
西原清次・前田泰宏・東本憲子・黒田勝利

関連イベント
トークイベント「アウトサイダーは おいしいか ?? 」
ゲスト:大手裕子(大阪成蹊大学芸術学部教授)・金武啓子(西淡路希望の家美術部代表)
聞き手:服部正(甲南大学文学部)
10月4日(日)午後2時~午後4時 甲南大学511教室

チラシ

会場風景

大学企画展:近松素子展「すくいあげる」

近松素子展「すくいあげる」
2014年9月19日(金)~10月18日(土)

出品作家コメント
私は複数の版を使い、刷りを何度か重ねてイメージを創りあげていきます。刷りを進めて行く中で、最初に予定していたものと大幅に変わる事も少なくありません。
創ろうとしているものの、「絶対」を探しながら刷っているのかも知れません。
その「絶対」は1つなので、私の作品は版画でありながら、オリジナル1点という事がしばしばあります。
版と向かい、無限に広がる可能性から、その時の「絶対」をすくいあげるように制作しています。
近松素子

関連イベント
対談「版で表現するという事」
ゲスト:神野立生(銅版画家)× 近松素子(出品作家)
進行役:服部正(甲南大学文学部)
10 月5 日(日))午後1 時~午後3 時 甲南大学511 教室

チラシ

会場風景

大学企画展:光島貴之展 さわるためにだけ存在するものがあってもいい

2013年9月21日(土)~10月19日(土)

出品作家コメント
全盲であるぼくが作品を発表するようになってかれこれ20年近くになる。最近ある男性に「さわるためにだけ存在するものって何だろう?」と質問すると、「そりゃあ、アレに決まってるやろう」といういやらしそうな声が聞こえて来た。
これを一人の男性の他愛ない発言として見過ごすことはできない。そのような言い回しによって視覚障害者の「さわる」という観察や認識、感受性がどれほどおとしめられてきたか。ぼくは、そのような一般的な価値観によって何度も何度も繰り返し行き詰まりを経験してきた。今回の作品は、そのようなもはやぼくの中にまで染み込んできている「さわる=いやらしい」という美意識を、根底から覆したいと思いながら制作を始めた。
点字は、さわるためにだけ意味を持っていると言っても過言ではないだろう。そのような価値観を持った作品を提示したいと思っている。
光島貴之

関連イベント
対談「触って感じるアレコレ」
光島貴之(出品作家)× 服部正(甲南大学文学部)
9 月22 日(日)午後2 時~午後4 時 甲南大学511 教室

チラシ

会場風景