リカレント教育センター

図書館・センター・機構

リカレント教育センター

所長挨拶

リカレント教育センター所長 渡辺 顗修

リカレント教育センター所長
渡辺 顗修

 「人生100年時代」といわれる今日ですが、今回のコロナウイルスの蔓延など社会は良くも悪しくもダイナミックに変化を続けています。そんな中、充実した豊かな人生を送るためには、常に時代に即応した新たな知識を身につけることが重要です。
 甲南大学は、学園創立100周年を機に、これまで培ってきた人物重視の教育力を結集して、本年4月に社会人の方の「学び直し」を企画するリカレント教育センターを開設いたしました。
 2020年度は、「人生100年時代の学び」プログラムと題し、後期から開講するべく準備を進めておりました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、開講は見合わせ、2021年度前期(4月開講)に延期することといたしました。
 現在、withコロナを見据え、開講に向けて準備を進めております。今後、募集プログラムの説明会等の日程や募集要項が固まり次第、HP等で改めてご案内させていただきます。
 来年4月開講の「人生100年時代の学び」プログラムは、次の4つのコースで構成されます。
  1.多様性の増した21世紀にあらためて「人としての生き方」を考えるコース、
  2.ビジネスをリードする新たな「キャリア」を探し、踏み出す方法を学ぶコース、
  3.情報社会の仕組みを知り、その中での安全な生活とは何かを学ぶコース、
  4.世界では自国第一主義が唱えられる中、多文化共生・グローバル社会のあり方を考えるコース
 各コースとも、講義科目と、コーディネーターと一緒に学びを深めるワークショップ(必修)からなっています。
 コース毎にひとつのテーマを持って学び、修了後に履修証明を取得できること。これが、これまでの科目等履修生や聴講生とは異なる、本プログラムの特長です。本プログラムは、学校教育法に定められた「履修証明制度」に対応しています。
 就業中の方も今の仕事をリタイアし「ネクスト・キャリア」をお考えの方も、またお子さんが成長して時間的な余裕のできた方、主婦の方などなどいろいろな世代の方、現役学生と一緒になって、基礎から「学び直し」を始めてみませんか。学生のときには見逃した大切なものが今だから心に沁み通る、そんな経験をぜひ甲南で体験していただきたいと願っています。

プログラム

「人生100年時代の学び」プログラム/4つのコースについて(2021年4月開講)

01 「大人の自己探求」(人文科学系)コース

さまざまなテーマの問答を素材とした対話で得られる気づきから、自己理解を深めます。その対話の素材になりうる美学・哲学・思想史に触れ、人間関係に関する心理的な知識を学び直し、自らの体験を振り返る糸口にします。同時に個人の変革・成長のマネジメントやリーダーシップの学習を通じて、振り返りを行動に結び付ける実践マネジメントを学びます。最終的には、多彩な受講生相互の真摯な対話から人生という物語に埋もれている信念や価値や美意識を再確認し、人生を刺激する、新しい意味や意義を体得します。

02 「ネクスト・キャリアをどう生きるか」(社会科学系)コース

定年を迎えた後の働き方、その後の生活の資金を如何に確保しておくか、さらに、生きがいや地域社会とのつながり方など、充実したライフ・プランをさまざまなポイントから考えます。そのため、生きがいを得られる資産形成や、ネクスト・キャリアの資産を確保するための保険や社会保障の仕組みについて、また、保有資産を次世代に託すため、贈与や相続について税金も含め考えます。このように多様な視点を養うことを目的として人生100年時代のキャリアを目的としてデザインされたプログラムです。

03 「情報社会のしくみを知り、安全に暮らす」(自然科学系)コース

インターネットを利用した電子メールやWWWは生活に不可欠です。重要なのは、これらを使いこなせるだけでなく、安全に使えることです。そのためには、情報社会やそこで使われる技術を理解する必要があります。このプログラムでは、情報社会の仕組みや経緯とその安全な利用の基本的な考え方を学ぶことができます。また、実践的なセキュリティインシデントへの対応方法や汎用的なデータの処理方法を身につけることもできます。さらに、このプログラムでの学習内容は情報処理技術者試験の資格取得にも役立ちます。

04 「多文化共生、グローバル社会で生きる」(多文化・国際系)コース

グローバル化で多様に変化する社会を理解し、どのようなアプローチで物事を観るべきかを考えます。日本国内の異文化受容や、日本と世界でどのような違いがあるかを文化面・社会面・法律や政策面など多角的に学びます。具体的には、法・政治・文化を国内での変化や世界の地理的条件・福祉システム・歴史・宗教観・文化・社会構成とともに理解し、日常生活・海外旅行・ビジネス展開・国際交流・海外ボランティアにどのように取り組めるのかをグローバルとグローカルの双方から明らかにします。

履修証明プログラムとは

履修証明制度について

履修証明プログラムは、2007年の学校教育法の改正により創設された制度です。これは、大学等の積極的な社会貢献を促進するため、学生を対象とする学位プログラムの他に、社会人等の学生以外の者を対象とした、一定のまとまりのある学習プログラム「履修証明プログラム」を開設し、 修了者に対し学校教育法に基づき本学より履修証明書を交付することができる制度です。

<文部科学省ホームページ>
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shoumei/

お問い合わせ

甲南大学 全学教育推進機構事務室 リカレント教育センター
〒658-8501 神戸市東灘区岡本8-9-1
TEL:078-435-2598
FAX:078-435-2278
e-mail:recurrent@adm.konan-u.ac.jp

関連リンク

PAGE TOP