人生100年時代の学びプログラム

Course Outline

[ 人生100年時代の学びプログラムの概要 ]

プログラムの特徴となる「ワークショップ」では大学生のゼミのように所属コースごとの担当教員やプログラムで
学ぶ仲間と話し合いながら学びを深めていただきます。

人生100年時代の学びプログラムイメージ

下表の5コースの中から1コースを選択(2023年度)

分野 コース/テーマ コーディネーター 募集人員
人文科学系 大人の自己探求 西川 耕平(教授) 20名
社会科学系 ネクスト・キャリアをどう生きるか 古田 清和(教授) 20名
多文化・国際系 多文化共生、グローバル社会で生きる 小西 幸男(准教授) 20名
自然科学系 植物と生きるために、その”力”を学ぶ! 田中 修(特別客員教授) 20名
情報系 ICTを知り、情報社会で安全・安心に暮らそう 岳 五一(名誉教授) 20名

受講期間:1年間(4月1日~翌年3月31日)
検定料:5,000円 甲南大学の卒業生及び修了生※は免除
履修料:120,000円 甲南大学の卒業生及び修了生※は100,000円

※甲南大学の卒業生及び修了生には、同大学院、同専門職大学院、甲南高等学校・中学校、旧制甲南高等学校、フランス甲南学園トゥレーヌの卒業生または修了生を含みます。

人生100年時代の学び プログラムの特徴

人生100年時代の学び プログラムの特徴イメージ
神戸岡本の静謐な環境にある
甲南大学のキャンパスでの学び

このプログラムは本学岡本キャンパスで開講します。神戸岡本の静謐な環境の中で、甲南大生といっしょに学び、交流する機会を持つことができます。

現在の社会・経済環境の中で
充実した豊かな人生を送るための
5つのコース

ダイナミックに変化する社会・経済環境の中で、充実した豊かな人生を設計する場として、人文科学系、社会科学系、多文化・国際系、自然科学系、総合情報系の5つのコースを設けました。自分の人生を見つめ直して見たい方、定年後を見据えた資産形成について知りたい方、グローバル社会を見据えた異文化受容について考えてみたい方、植物の魅力に迫り心豊かに人生100年時代を歩みたい方、情報化社会を正しく知り安心・安全に暮らしたい方など多様な興味に対応しています。

人生100年時代の学び プログラムの特徴イメージ
関連知識を身につける科目群と、リカレントワークショップによる指導

各コースのテーマに関連する一定の科目群から、自身の興味に合わせて授業を選択(4科目以内)して受講し、幅広い教養や実践応用力を身につけます。後期に実施する科目(リカレントワークショップ)では、各コースに関する豊富な知見を有するコーディネーターの指導の下、履修生各自が決めたテーマについて学びを深めていきます。

「履修証明書」を発行する履修証明プログラム※

本プログラムは一定のまとまりのある課程となっており、一定の成績を収めてプログラムを修了した方に「履修証明書」を交付します。

学内施設の利用

図書館、サイバーライブラリ、トレーニングルーム、自由利用パソコン教室、食堂等を利用していただけます。

※履修証明プログラムとは、学校教育法第105条及び学校教育法施行規則第164条の規定に基づき、主に社会人を対象にした一定のまとまりのある学習プログラムです。その修了者に対しては、学校教育法に基づく履修証明書を交付します。

コース紹介

「人生100年時代の学び」プログラム
5つのコースについて(2023年度)

1

「大人の自己探求」(人文科学系)コース

さまざまなテーマの問答を素材とした対話で得られる気づきから、自己理解を深めます。その対話の素材になりうる美学・哲学・思想史に触れ、人間関係に関する心理的な知識を学び直し、自らの体験を振り返る糸口にします。同時に個人の変革・成長のマネジメントやリーダーシップの学習を通じて、振り返りを行動に結び付ける実践マネジメントを学びます。最終的には、多彩な受講生相互の真摯な対話から人生という物語に埋もれている信念や価値や美意識を再確認し、人生を刺激する、新しい意味や意義を体得します。

2

「ネクスト・キャリアをどう生きるか」(社会科学系)コース

定年を迎えた後の働き方、その後の生活の資金を如何に確保しておくか、さらに、生きがいや地域社会とのつながり方など、充実したライフ・プランをさまざまなポイントから考えます。そのため、生きがいを得られる資産形成や、ネクスト・キャリアの資産を確保するための保険や社会保障の仕組みについて、また、保有資産を次世代に託すため、贈与や相続について税金も含め考えます。このように多様な視点を養うことを目的として人生100年時代のキャリアを目的としてデザインされたプログラムです。

3

「多文化共生、グローバル社会で生きる」(多文化・国際系)コース

グローバル化で多様に変化する社会を理解し、どのようなアプローチで物事を観るべきかを考えます。日本国内の異文化受容や、日本と世界でどのような違いがあるかを文化面・社会面・法律や政策面など多角的に学びます。具体的には、法・政治・文化を国内での変化や世界の地理的条件・福祉システム・歴史・宗教観・文化・社会構成とともに理解し、日常生活・海外旅行・ビジネス展開・国際交流・海外ボランティアにどのように取り組めるのかをグローバルとグローカルの双方から明らかにします。

4

「植物と生きるために、その”力”を学ぶ!」(自然科学系)コース

植物は、人間の健康を支え、私たちの生きる環境を守ってくれています。私たちが、百年人生を豊かな心で生きるには、植物とともに、発展、繁栄していかなければなりません。本コースでは、食料、健康、環境をはじめ、文化や暮らしなど、多岐にわたる分野で活躍する植物の魅力的な力を学びます。

5

「ICTを知り、情報社会で安全・安心に暮らそう」(情報系)コース

世界は、IoTによるスマートな社会を実現しつつあります。日本でも推進される「誰ひとり取り残さない」デジタル化の実現を見据え、5Gを含む情報通信技術(ICT)の基礎から最先端の技術まで、ICTの情報社会の発展と経済成長への貢献、多種多様なサービスやアプリケーションの安全で安心な活用を中心に多角的に学びます。個々の汎用的なデータの処理方法も学べます。

カリキュラムの概要

区分 本プログラムで履修できる科目数 「履修証明※」に必要な科目数
必修科目 1科目(リカレントワークショップ) 1科目(リカレントワークショップ)
選択必修科目 4科目以内 2科目以上

注1:本学は2学期制であり、当プログラムの科目は学期ごとに完結します。
注2:前期に履修した科目で「不可」の成績の場合、後期に同じコースに配置されている未修得科目を履修することができます。
注3:本プログラムでは、上表のとおり必修科目と選択必修科目の合計3科目以上「合格」(秀・優・良・可)の成績評価を修めた場合、「履修証明」を授与します。

授業科目表

時間割について

2023年度「リカレントワークショップ」(必修科目)の開講曜日時限について(予定)

<「リカレントワークショップ」は後期(9月~)に開講される必修科目です。>

コース 開講曜日時限(予定)
大人の自己探求(人文科学系) 火曜2・3限(隔週開講)
ネクスト・キャリアをどう生きるか(社会科学系) 水曜2・3限(隔週開講)
多文化共生、グローバル社会で生きる(多文化・国際系) 金曜2限(毎週開講)
植物と生きるために、その“力”を学ぶ!(自然科学系) 月曜3・4限(隔週開講)
ICTを知り、情報社会で安全・安心に暮らそう(情報系) 水曜2限(毎週開講)

※その他の科目の2023年度時間割は2023年3月に公開します。

2022年度時間割(参考)

「ICTを知り、情報社会で安全・安心に暮らすそう」コースは、2023年度新設コースとなります。

シラバス(授業計画)の検索について

シラバスには、科目の到達目標や授業内容、試験の有無、成績評価の方法など、履修をするにあたって確認しなければならない事項が記載されています。各科目の授業内容については、シラバスを閲覧ください。
※シラバスの内容は、授業の進行などによって変更されることがあります。

検索方法はいろいろありますが、主な方法は以下のとおりです。

検索方法.1
科目名で検索したい場合

【授業科目】欄に調べたい科目名を入力し、検索ボタンをクリック。

検索方法.2
教員氏名で検索したい場合

【担当教員】欄に調べたい教員の氏名を入力し、検索ボタンをクリック。

検索方法.3
スケジュールから
検索したい場合

【曜日】欄や【時限】欄で検索対象の□にチェックを入れ、検索ボタンをクリック。

検索方法.4
学期ごとに開講科目を
検索したい場合

【開講年度学期】欄で検索したい開講年度・学期を指定し、検索ボタンをクリック。

※1~2や、そのほかの方法をいろいろと組み合わせて検索することも可能です。