センター所長挨拶

 本年4月1日より教職教育センター所長を務めております知能情報学部教員の松本茂樹と申します。皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

同所長職というお役目を仰せつかり、3ヶ月余りが過ぎようとしておりますが、今も新型コロナウイルス感染の危険と不安は冷め遣らず、本学も感染症対策実施に乗り出し、学生のキャンパス内への立ち入りを禁ずるとともに授業をオンライン化し、学生生活全般についても極めて厳しい規制を強いるに至っております。学生の皆様のご不便は如何ばかりかと存じます。特に、教職を目指す皆様にとって不可欠な教育実習や採用試験対策等、教職教育センター管轄の行事も大幅な変更が余儀なくされておりますが、コロナの規制措置が今後如何なる形で緩和・解除に向かおうとも教職志望の皆様を強力にサポートできるよう万全の体制で臨む所存で御座います。皆様のご心配の胸中をお察しいたしますが、どうか今後とも同センターからの広報・告知にご注目頂きますようお願いいたします。

私自身は、この3ヶ月余り、センタースタッフとご一緒にお仕事をさせて頂き、スタッフの結束力の強さや教職指導における経験の豊富さ、水準の高さを実感することが出来ました。このような恵まれた環境で大学でのお仕事をさせて頂けることを大変有り難く、また誇りに思う次第です。

改めまして、教職を志望される皆様方に、教職教育センター一同を代表いたしまして、皆様方の夢の実現に向けて同センターへ厚い信頼をお寄せ頂きますようお願い申し上げまして、ご挨拶の言葉といたします。

教職教育センター所長
知能情報学部教授 松本茂樹