甲南大学の研究力

甲南大学では、人文科学、自然科学、社会科学の3つの分野で、特色ある先端的研究が推進され、その成果は社会に還元されています。高い研究力が教育力に滲み出し、無限の可能性へとつながっていくーーそんな、甲南大学の教育を支える研究を紹介します。

>>科学研究費助成事業

    PICK UP
  • 「芸術療法」における「芸術」と「治療」の
    関係を再考する
    文学部 人間科学科 教授
    川田 都樹子
  • 生きる苦悩と精神分析臨床
    文学部 教授
    公認心理師養成センター 所長
    富樫 公一
  • 古地図を使って世界を知ろう
    文学部 歴史文化学科 教授
    鳴海 邦匡
  • 地域メディアのグローカルな可能性を探る
    アクションリサーチ
     
    文学部 社会学科 教授
    西川 麦子
  • 障害者の創作活動における
    芸術家の役割の検証
    文学部 人間科学科 教授
    服部 正
  • 冤罪事件の救済を通じた刑事司法改革を
    目指して
    法学部 法学科 教授
    笹倉 香奈
  • 「核物質」を料理する
    理工学部 物理学科 教授
    秋宗 秀俊
  • 化合物半導体を利用した太陽エネルギー変換
    理工学部 機能分子化学科 教授
    池田 茂
  • メタロ(金属)有機エレクトロニクス
    理工学部 機能分子化学科 准教授
    木本 篤志
  • メダカとホヤから探る脳と眼のしくみと進化
    理工学部 生物学科 教授
    統合ニューロバイオロジー研究所 所長
    日下部 岳広
  • 感覚と記憶に関わる遺伝子と
    細胞ネットワーク
    理工学部 生物学科
    統合ニューロバイオロジー研究所 教授
    久原 篤
  • 極初期宇宙における星形成の研究
    理工学部 物理学科 教授
    須佐 元
  • 時間軸天文学と元素の起源
    理工学部 物理学科 教授
    冨永 望
  • 環境刺激を感じながらしなやかに生きる
    植物に学ぶ
    特別客員教授
    統合ニューロバイオロジー研究所 兼任研究員
    西村 いくこ
  • 「電極の界面現象」を理論で探ろう!
    理工学部 機能分子化学科 教授
    山本 雅博
  • 「ハナス」を「ハカル」
    知能情報学部 知能情報学科 教授
    北村 達也
  • 少子化の進む日本-保育園の役割は
    マネジメント創造学部
    マネジメント創造学科 教授
    前田 正子
  • 新しい国際協力像の探究
    ブータン山村での「純粋経験」を通して
    マネジメント創造学部
    マネジメント創造学科 教授
    真崎 克彦
  • 有機―無機複合化による
    新しいエレクトロニクス材料の創製
     
    フロンティアサイエンス学部 生命化学科 教授
    赤松 謙祐
  • 人工の小型タンパク質で広がる
    未来のナノバイオ
    フロンティアサイエンス学部 生命化学科 准教授
    臼井 健二
  • がん遺伝子RASによるがん悪性化機構の
    解明と制御法の開発
    フロンティアサイエンス学部 生命化学科 准教授 
    川内 敬子
  • 金属イオンと分子をブロックのように
    組み立てて物質を貯蔵する空間をつくる
    フロンティアサイエンス学部 生命化学科 准教授
    鶴岡 孝章
  • 生体内で機能する高分子材料の創製と
    新しい医療技術の開発
    フロンティアサイエンス学部 生命化学科 准教授
    長濱 宏治
  • 発生学の視点で細胞を操り、
    ヒトの健康を支える
    フロンティアサイエンス学部 生命化学科 教授
    西方 敬人
  • 細胞の運命を決める核酸の非標準構造
    フロンティアサイエンス学部 生命化学科 教授
    三好 大輔
  • 遺伝子の隠れた能力を引き出して
    未来生活を改善する
    先端生命工学研究所(FIBER) 所長・教授
    杉本 直己
  • 経済社会のダイナミズムと会計制度の
    パラダイム転換に関する総合研究
    名誉教授(共通教育センター)
    河﨑 照行
  • 次世代のエコなキノコ栽培
    特別客員教授
    田中 修