お知らせ

お知らせ
イノベーションストリームKANSAI 6.0に領域の研究を出展します(A01班 遠藤)新着!!

2023年 2月 21日(火)、22日(水)にイノベーションストリームKANSAI6.0に出展し、 A01班の遠藤が、領域の成果を含む甲南大学先端生命工学研究所での研究を紹介します。 -————————————————— […]

続きを読む
お知らせ
JST新技術説明会で領域の研究成果を発表します(A02班 建石、領域代表)新着!!

2023年 3月 2日(月)に科学技術振興機構 新技術説明会で、A02班の建石(領域代表)が、領域の研究により開発された技術について紹介します。 -———————————————————————————-     関西9 […]

続きを読む
お知らせ
植物ホルモンを介した器官形成制御に関する論文が学術雑誌にアクセプトされました(A03班、安喜)

植物ホルモンの一つであるサイトカイニンの下流でR2R3型MYB転写因子が制御されて苔類ゼニゴケの無性生殖器官である杯状体の形成が促進されることを示した研究成果がScientific Reportsにアクセプトされました。 […]

続きを読む
お知らせ
2022.12.4公益社団法人日本薬学会関西支部主催の市民公開講座にて招待講演を行いました

このたび公益社団法人日本薬学会関西支部が主催する「市民公開講座」に領域研究メンバーが招待され講演を行いました ◆日本薬学会関西支部主催:市民公開講座 【テーマ】「環境によって変わる核酸の姿と病気:ヒトからウイルスまでを標 […]

続きを読む
お知らせ
第95回日本生化学会大会の公募シンポジウムに採択され「非二重らせん核酸の多元機能」を開催しました。

第95回日本生化学会大会の公募シンポジウムに採択され、 当大会にて、シンポジウム「非二重らせん核酸の多元機能」を開催しました。 第95回日本生化学会大会のシンポジウム 2S09e  「非二重らせん核酸の多元機能」  プロ […]

続きを読む
お知らせ
NewsLetter 発刊のお知らせ

NewsLetter 発刊のお知らせ このたび学術変革領域(B)「多元応答ゲノム」のニュースレター第1号を発刊いたしました ぜひご愛読いただければと存じます 2022.03発行 Vol.1  

続きを読む
お知らせ
フロンティア生命化学研究会が発行する「生命化学研究レター」に研究紹介記事が掲載されました(A01班、遠藤)

フロンティア生命化学研究会が発行するニュースレター(生命化学研究レターNo.64 (2022 April))に研究紹介記事が掲載されました(A01班、遠藤) 【生命化学研究レター No.64 (2022 April) 】

続きを読む
お知らせ
多元応答ゲノムのコンセプトが【新春特集】化学者が思い描く未来の社会⑥「非二重らせん核酸により生命の機能を制御する―生物種を超えた統一ルール」として化学 2022年1月号(化学同人)で紹介されました(A02班、建石(領域代表))

多元応答ゲノムのコンセプトが【新春特集】化学者が思い描く未来の社会⑥「非二重らせん核酸により生命の機能を制御する―生物種を超えた統一ルール」として化学 2022年1月号(化学同人)で紹介されました。(A02班、建石寿枝( […]

続きを読む
お知らせ
2021.12.03 第2回領域会議「多元応答ゲノム」キックオフシンポジウムを開催いたしました

2021年12月3日に「多元応答ゲノムキックオフシンポジウム」をオンラインにて一般公開で開催しました。 シンポジウムは、甲南大学FIBER、日本核酸化学会(JSNAC)、新学術領域研究「分子夾雑の生命化学(領域代表 京都 […]

続きを読む
お知らせ
ホームページを更新しました

続きを読む