請求書送付を装ったメールにご注意ください

教職員各位

数日前より本学宛に、業者を装い請求書添付を騙ったウイルス付きメールが
多数送信されています。
件名の冒頭に[VIRUS-Konan]がついている場合は、メールセキュリティ機器にて
ウイルスが無害化処理されております。
メールの閲覧やテキストファイルを開いてもウイルスに感染することはありませんが、
悪意を持って送信されたメールですので、不用意に添付ファイルを開かないようご注意ください。

————————————————
【怪しいメール例①】

Subject: [VIRUS-Konan] 注文書、請書及び請求書のご送付

いつもお世話になっております。
下記、注文請書・請求書をお送り致します。
ご査収の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

【指定請求書】
請求書必着日までに原本を郵送にてご返送をお願い致します。
————————————————

2018年度SAアルバイトスタッフの募集 ※募集終了

 情報システム室では、2018年度SA(スチューデント・アシスタント)を募集します。 希望者は、
申込書と履歴書を情報システム室にご持参ください。
 詳細は募集要領をご参照下さい。※4月から勤務されたい方は3月末までにご提出ください。

  1. SA(スチューデント・アシスタント) 
    • 対  象 :「IT基礎」を修了した2回生以上の方(学部・大学院は問わない)
    • 業務内容 :一般情報科目「IT基礎」「IT応用」の教育補助
    • 業務開始日: 2018年4月12日(予定)
    • 添付資料 : 募集要領、 申込書、 SA募集枠

卒業予定者へMicroSoft Office学割プランのご案内

2018年3月に卒業・修了予定者のみなさんへ

在学中に本学より付与しておりましたOffice365サービスを使用してインストールした各種Officeソフトウェアは、2018年3月26日のアカウント停止後、最大30日以内で閲覧機能のみとなり、作成や編集ができなくなります。

卒業後も引き続きOfficeソフトウェアを使用する場合、各自で市販のライセンスを購入する必要がありますが、2018年9月末まで、(株)内田洋行が運営・販売する「甲南大学卒業生限定 MicroSoft Office学割プラン」で市場価格より安価にライセンスを購入することができます。

☆MicroSoftOffice学割プランの案内チラシはこちら
☆購入手続きはこちら(ウチダ学割ストアのサイトに移行します)

※本件に関するご質問は、(株)内田洋行 学割WEBストアお問い合わせセンターへご連絡ください。

【重要】Active!Mailユーザを狙ったフィッシングメールにご注意ください

 本学の教員向けメールサービスであるActive!mailのユーザを狙ったフィッシングメールの被害が報告されています。
 フィッシングメールとは、不特定多数の人々に対し「情報確認のため」などと称した偽のメールを送信し、個人情報を入手しようとする悪質なメールです。本物のサイトに見せかけた巧妙な偽サイトへ誘導し、ID、パスワードさらには口座番号やクレジットカード番号などを入力させ不正に情報を入手しようとするものです。
情報システム室からID、パスワード等の入力を促すようなメールを送ることはありませんのでくれぐれもご注意ください。

実際の詐欺メールの内容についてはこちらに詳細を記載しております。
必ずご一読ください。

【注意喚起】SNSサイト等におけるアカウント情報の取扱いについて

各位

文部科学省より、以下のような注意喚起がありました。
各種学内システムのID、パスワードの管理には十分ご注意くださいますよう
お願いいたします。

—————————————————————————————————————–
文部科学大臣所轄各学校法人
大学を設置する各学校設置会社 御中
 
 
平素より文部科学行政にご理解ご協力を賜りありがとうございます。
文部科学省高等教育局私学部私学行政課です。
 
各大学においてメールアドレス等の情報の取り扱いについては、
ポリシー等で目的外利用の禁止が規定されていることと思いますが、
下記のリスクがあることをご理解の上適切に運用されるようあらためて注意喚起いたします。
 
                    記
 
1.各大学内で使用しているメールアドレスとパスワードの私的利用に関する注意喚起
 
 私的にウェブ上の各種サービス(SNSなど)を利用する際のIDやパスワードとして、
各大学内において業務に使用しているメールアドレスとパスワードを利用した場合、
ウェブ上の各種サービスから情報が漏えいした際に、
不正アクセス等の被害を受けるといったリスクを負う可能性があります。
 
2.各大学内情報システムで使用しているパスワードと共通のパスワードの各大学外システムでの使用に関する注意喚起
 
 業務上の必要性からウェブ上の各種サービスを利用するにあたり、
各大学内情報システムのIDを利用しない場合であっても、
各大学内情報システムのパスワードを各大学外システムで使いまわした場合、
当該外部サービスから情報が漏えいした場合には、
各大学内情報システムへの不正アクセスに悪用される可能性があります。

卒業又は修了予定者へ重要なお知らせ ⚠️

2018年3月 卒業・修了予定者各位

本学より付与しておりました情報教育システム(学内パソコン、電子メール、Office365サービス)のユーザIDは、2018年3月26日に削除されます。
保存されていたデータはすべて削除されますので、3月25日までに必要に応じて各自でバックアップを行ってください。

詳細は添付の資料に記載していますので必ず確認してください。
 ⇒ 卒業又は修了予定者へ重要なお知らせ 
   メールバックアップ手順

・卒業後は、卒業生メールが利用できるようになります。
・メールアドレスは、「ユーザID@a.konan-u.ac.jp」です。
・在学中に利用した受信トレイ等にある電子メールは引き継がれません。

迷惑メール隔離レポートの送信について

教職員各位

メールセキュリティ対策として、疑わしいメールの隔離機能を強化しております。
2017年12月19日以降、お使いの学内メールアドレス宛に、毎日午前0時に
前日1日分の「迷惑メール隔離レポート」が届くようになりました。
(迷惑メールの受信をしなかった日は送信されません)

万一、迷惑メールとして隔離された一覧の中に、必要なメールが含まれていた場合は、
ご自身でメール内に記載された操作を行うことで配信することが可能です。
※迷惑メールのリリースは学内でのみ操作可能です。
※不要なメールのリリースは行わないようにしてください。
※リリースボタンはHTML表示時のみ使用できます。Active!Mailの場合は、件名欄右側の
 「HTML表示」ボタンを押してください。 

☆メールセキュリティに関するよくあるご質問はこちら

ご不明点等がございましたら、情報システム室(3号館1階)までお問い合わせください。

Mirai 亜種の感染活動に関する注意喚起

 2017年11月ごろより、国内において Mirai(ルータ、監視カメラ、ストレージ機器や
特定産業向け組み込み通信機器などのIoT機器を標的としたマルウェア)の亜種による
感染活動が確認されており、文部科学省より注意喚起が行われております。

 Mirai やその亜種などのマルウエアに感染した機器は、ボットネットに取り込まれ、
攻撃者により遠隔から命令をうけて、DDoS 攻撃などに悪用される可能性があります。
国内での感染事例が増加しており、早急な対策が必要なことから、該当するIoT機器の
利用状況および対応状況についてご確認ください。
 また、感染に至っている機器の多くに、ロジテック株式会社製ブロードバンドルータの
一部製品が含まれていることも確認されています。

 対策として、機器ベンダによるファームウェアの修正バージョンが公開されている場合は、
アップデート等の処置をご検討ください。
 また、ファイアウォール等で機器へのアクセスが制限されていることや、機器に適切な
パスワードが設定され、認証機能が有効になっていること等を改めてご確認ください。

○参考
・IoT製品の脆弱性を悪用して感染を広げるMirai の亜種に関する活動(2017-12-19)
 http://www.nicter.jp/report/2017-01_mirai_52869_37215.pdf
・Mirai 亜種の感染活動に関する注意喚起
 https://www.jpcert.or.jp/at/2017/at170049.html
・脆弱性が存在するルータを標的とした宛先ポート52869/TCPに対するアクセス及び
 日本国内からのTelnetによる探索を実施するアクセスの観測等について
 https://www.npa.go.jp/cyberpolice/detect/pdf/201712191.pdf