本学ではトレンドマイクロ社が販売する学校法人向けウイルス対策ソフトウェア包括ライセンス「TrendMicro Campus Agreement for Endpoint」(以下 TMCAライセンス)を契約しております。TMCAライセンスにより、本学の構成員が所有する端末に対して、在籍中に限り無償でウイルス対策ソフトウェアをインストールすることが可能となります。

TMCAライセンスの利用条件

■利用資格

・本学の学生および院生本人が所有し、教育・研究に利用する端末(1人あたり3台まで)
・本学の教員本人が所有し、教育・研究に利用する端末(科研費を含む公費購入は台数制限なし、私費購入は1人あたり3台まで)
※ただし、上記条件を満たす場合であっても、学内で使用しない端末は対象外とする(例:自宅の常設パソコン等)

■利用上の注意事項(共通)

・卒業および退職時には利用資格を失いますので、必ずソフトをアンインストールしてください。
・ウイルス対策ソフト内の設定は一括管理しているため、個別の設定変更はできません。
・インストール用URLを第三者に転送することを禁止します。

利用上の注意事項(Mac版利用者

・30日に1度は学内ネットワークに接続してください。接続されないとライセンスが切れ、保護が無効になる場合があります。
・アンインストール時は専用のアンインストーラー(本ページ下部にて案内)を必ず使用してください。

提供ソフトウェア・対応OSバージョン

Windows大型アップデート/MacOSソフトウェア・アップデート実施時の注意点
ウイルス対策ソフトが最新OSに未対応の状態でアップデートを実施すると、ウイルス対策ソフトが正常に機能せずにPCの動作に支障をきたしたり、再インストールが必要となる恐れがあります。OSアップデートを実施する際は、本ページで対応状況を確認した後に実施するようにしてください。
※平均して最新OSリリース日から2~3ヵ月後にウイルス対策ソフトの対応バージョンが提供されます。

■Windows版
 Trend Micro Apex One
 ※Windows 11に対応しました

■Mac版
 Trend Micro Apex One (Mac)
 ※macOS Monterey 12.0 に対応しました

対応OSや詳細システム要件はこちら (トレンドマイクロ公式ホームページへ移行します)

申請・インストール手順

事前チェックリスト(TMCAライセンスをインストールする端末の状況を確認してください)
□ 別のウイルス対策ソフトがインストールされていないか
→パソコン購入時のお試し版ソフト等も含めて、他のウイルス対策ソフトがインストールされていると、パソコンが起動できなくなるなど重大なトラブルが発生します。必ず事前にアンインストールしてください。

□ OSのバージョンがウイルス対策ソフト対応済みか
→端末のOSが最新版の場合、ウイルス対策ソフトが未対応の場合があります。OS対応状況は本ページ上部の「提供ソフトウェア・対応OSバージョン」からご確認ください。未対応の場合は、対応バージョンの提供開始までお待ちください。
① 申請受付フォーム(Microsoft365)からインストール申請を行う
以下の申請受付フォームから利用者本人が申請を行ってください。
※申請にあたっては甲南大学が発行するメールアドレスでのMicrosoft365ログインが必要です。
(利用資格のある方で甲南大学のメールアドレスをお持ちでない方は情報システム室サポートデスクへご相談ください)

申請受付フォーム(専任教員専用)

申請受付フォーム(一般)
 対象:学生・院生・教員(専任教員を除く)  
② 申請完了メールを確認する
申請受付フォームへの入力送信後、甲南大学が発行するメールアドレス宛に申請完了メールが送信されます。
メール本文に、「ウイルス対策ソフトインストール専用ページ」にアクセスするためのURLが記載されています。
※URLには30日の有効期限がありますので、速やかにインストール作業を実施してください。
③ ウイルス対策ソフトをインストールする端末を学内ネットワーク(konan-net等)に接続する
「ウイルス対策ソフトインストール専用ページ」へのアクセスおよびインストール作業は学内でのみ可能です。
④ 「ウイルス対策ソフトインストール専用ページ」 にアクセスし、インストール作業を実施する
インストールにあたっては、以下のインストールマニュアルを参照してください。

Windows版インストールマニュアルpdf
Mac版インストールマニュアルpdf

TMCAライセンスインストール機器を学外でご利用になる際の注意点

 TMCAライセンスをインストールした端末を学外に持ち出して利用する際、ソフトウェアが以下の状態となりますが、ウイルス対策機能は正常に動作し、最新パターンファイル更新も可能です。なお、Mac版をご利用の場合は、30日に1度は学内ネットワークに接続してください(接続されないとライセンスが切れ、保護が無効になる場合があります)。

■Windows版
・デスクトップ画面右下のウイルスバスターアイコンが「オフライン状態」となる。

■Mac版
・デスクトップ画面右上のSecurity for Macアイコンに黄色の注意マークが付く。
・Security for Macを起動すると、「上位サーバに接続できません」と注意文が表示される。

TMCAライセンスのアンインストール

 ■Windows版
 ・設定画面のアプリ一覧から「Trend Micro Apex One セキュリィティエージェント」を選択して
  アンインストールしてください。
 ■Mac版
 ・ こちら から専用のアンインストーラーを起動してアンインストールしてください。
 ※Macの設定画面上からのApp削除では関連ファイルが残ってしまう可能性があるため、アンインストーラーを使用してください