中島 京子著 『長いお別れ 』

 

 

法学部 3年生Sさんからのおすすめ本です。(KONAN ライブラリ サーティフィケイト)

書名 :  長いお別れ
著者 :  中島 京子
出版社:文藝春秋
出版年:2015年

ロンググッドバイ。長いお別れ。少しずつ記憶をなくしていき、長い時間をかけてお別れしていくとき、人は何を思うのだろうか。忘れていく人は。忘れられていく人は。

本作は、認知症と診断された東昇平が、妻、三人の娘、孫などと過ごす十年を描いた物語である。八章で構成されており、章が進んでいくごとに昇平の症状は進行していく。こう書くと、シリアスで重い作品、またはお涙頂戴小説のように思う人もいるかもしれない。しかし、見当外れ。そんな予想は見事に裏切られる。この作品は「認知症」がテーマでありながら、笑えるシーンも随所に見られる。泣かせてやろう、という意思は全く感じられない。そしてなにより、本作は病気そのものではなく、病気に直面した家族のあたたかさに主眼が置かれている。

アメリカでは認知症のことを「ロンググッドバイ」と言うらしい。直訳で、長いお別れ。徐々に周囲の人のことを忘れていき、少しずつ時間をかけてお別れしていくことが由来になっている。長いお別れも、きっと突然のお別れと同じくらい悲しい。作中でも、昇平の妻である曜子は、自分のことを忘れてしまった夫を介護することについて、気の毒と思われている。だが曜子は、「言葉は失われた。記憶も。知性の大部分も。けれど、長い結婚生活の中で二人の間に常に、あるときは強く、あるときはさほど強くなかったかもしれないけど、たしかに存在した何かと同じものでもって、夫は妻とコミュニケーションを保っているのだ」と考えている。その人がその人として生きている限り、その人は確かにそこに存在していると信じている。そして、そこに存在している夫は、例え自分のことを忘れてしまっても、なにかでつながった自分の夫であることに変わりはないのだと訴えてくる。

昇平は、曜子のような人と人生の大半を過ごせて幸せだっただろうと心底思った。二人の関係を羨ましく思った。インターネットの発達に伴い、繋がれる世界は一気に拡がった。それにより、個人の関係は希薄になっているとも言われている。そんな時だからこそ、認知症をテーマに、夫婦や家族といった小さくて狭い、けれどもあたたかい個人の関係を描いた本作は読まれるべき作品なのではないだろうか。


トニ・モリスン著 大社淑子訳 『青い眼がほしい 』

 

法学部 3年生Sさんからのおすすめ本です。(KONAN ライブラリ サーティフィケイト)

書名 :  青い眼がほしい
著者 :  トニ・モリスン著  大社淑子訳
出版社:早川書房
出版年:2001年

二〇一九年八月五日、偉大な作家が逝去した。トニ・モリスン、享年八十八歳。本作品は、アメリカの黒人作家として初のノーベル文学賞を受賞した著者のデビュー作。強烈な人種差別の描写、主人公のピコーらが辿る悲惨な運命は読んでいて苦しくなるほどである。しかし、我々は目を背けてはいけない。著者の、黒人の、ピコーラの叫びを。

「秘密にしていたけれど、一九四一年の秋、マリーゴールドはぜんぜん咲かなかった。」この一行から始まる冒頭ニページで、黒人の少女ピコーラになにがあったのかが語られる。それはあまりにも辛く、残酷な話である。二ページ目の最後には、「本当に、これ以上語ることは何もない」「とりあえず“どういうふうに”を語ることにしよう。」とある。読者はそのショッキングな出来事の顛末を見届ける義務を負う。本を閉じることは許されないと本気で思わされる。

内容について特徴的な点は、差別するものと差別されるもの、被害者と加害者という単純な二元論だけで物語が描かれないことである。ピコーラは、父親にひどい仕打ちを受ける。(実際は、このような軽い言葉で表せるものではない。)この部分だけに注目すれば、父親は加害者である。しかし著者は、父親もまた差別の被害者であるという描写を決して怠らない。差別を受け、生まれた絶望が被害者を加害者へと変容させ、さらなる絶望を生む過程をしっかりと描く。そして、差別が絶望しか生まないことを我々に突きつける。

黒人への差別を書いた作品である、と言うのは簡単である。その表現は間違っていないが、作品の中には、差別や暴力、更には希望も詰まっている。それらは当時の、そして現代の黒人が普遍的に持っていたものである。その当たり前のことを文学に落とし込んだ作品である、と言ったほうが些か正確に思える。この作品は文学であり、歴史でもあると作者が叫んでいるように感じた。偉大な作家がこの世を去ってしまった今、その叫びを我々は受け止め、伝えていかなければならない。


白石一文 著『彼が通る不思議なコースを私も』

 

法学部 3年生Sさんからのおすすめ本です。(KONAN ライブラリ サーティフィケイト)

書名 :  彼が通る不思議なコースを私も
著者 :  白石 一文
出版社:集英社
出版年:2013年

「自分が好きだってことなんだよ。他のだれでもない、とにかく自分自身が大好きで、超愛してるって思えることだよ。――」

本作品は、「生きる」ことや「時間」がテーマとなっている。普段じっくりと考えない、もしくは考えても答えがでないこれらのテーマについて、我々は彼が通る不思議なコースを追体験しながら、今までよりも深く見つめることとなる。

主人公の霧子は不思議な魅力をもつ男、椿林太郎と出会い、距離を縮めていく。彼はかつて全日本トランポリン選手権を優勝しており、高校は超がつくほどの進学校、更に彼の周囲の人たちは、彼のことを「神の子」と呼ぶ。全てが不思議な彼は、人には言えない大きな秘密を抱えている。

彼は幼少期、ある悩みに苦しめられていた。その経験から、悩みを抱えた子供や生きづらさを感じている子供を救おうとする。例えば彼は、一年経てば自動的に全員が一つ上の学年に上がるシステムに苦言を呈している。「人間はみんなひとりひとり、持っている時間の長さが違う」という独特の表現を用いて、子供たちそれぞれが持つ時間に合わせた教育が、子どもたちひとりひとりの可能性を引き出していくと信じて実行していく。

今の日本の教育システムでは皆が同じ速度で成長していくことが求められる。それゆえ、画一的な教育の進度の中から外れてしまった子どもたちへの受け皿があまりにも少ない。乱暴な言い方をすれば、一度落ちこぼれると、這い上がってくることができないのである。社会全体でも同じことが言える。一度貧困に陥れば抜け出せず、一度仕事を辞めてしまうと再就職が難しい。這い上がることを諦め、絶望した先には「死」が待ち受けている。教育だけでなく社会全体に蔓延るこれらの問題に対し、彼は常人では思いつかない画期的な方法で向き合っていく。

彼は、皆と同じ速度で成長していくことができず社会から爪弾きにされ、「死」を意識するようにまでなった子供たちを助けようと奔走する。そんな彼の生きるコースを、霧子とともに我々は見つめることになる。彼のコースは、今の日本社会が抱える大きな問題を浮き彫りにしていく。本書を読めば、我々はその問題を見つめながら、「生」について否が応でも考えていくことになるだろう。社会が抱える問題は、我々が抱える問題なのだから。

「――自分が大事で大事でたまらないって思えれば、その子供は絶対に死なない。それはそうだろう。世界でいちばん大事なものを失いたいって思う人間はいないからね。」


[藤棚ONLINE] 法科大学院・宮川 聡先生コラム「乱読の勧め」

図書館報『藤棚ONLINE』
宮川 聡先生(法科大学院)コラム「乱読の勧め」

 日本語に限らず,ある言語を身に着けるためにはそれなりの努力が必要です。このコラムを読まれている皆さんもそれぞれ苦労した経験があるでしょう。私の場合は,日本語については,父が買いそろえてくれた少年少女世界文学全集を小学生のときに全巻読破したのに続き,中学1年生のときには新書版の日本文学全集を読み通しました。それで総合的な国語力が身に着いたかどうかは明確ではありませんが,少なくとも長い文章や作品を読み通すことについて苦手意識をもつことはなくなりました。
 英国への留学前にも,英語力養成のために同じやり方でいこうと考え,Agatha ChristieやCollin Dexterの出版されている作品をペーパーバックでそろえ,2・3日で1冊というペースで読みました(リスニングの能力については,衛星放送の英語のニュースを録画し,朝から晩まで聞き流すということをしました。)。私の場合は,日常生活で使われるような表現を全く知らなかったということもあってこうした選択になったのですが,もう少し硬質な英文については,雑誌のthe Economistを定期購読し,できる限り多くの記事を読むことで対処しました。もっとも,これは私が独自に考え出した方法というわけではなく,著名な経済学者であった都留重人先生がアメリカ留学の1年目に,ウィスコンシン州の田舎町でニューヨーク・タイムズ紙を定期購読し(その町では,この新聞を定期購読したのは一人しかいなかったそうです。),毎日隅から隅まで読んで英語力をつけたということにヒントを得て行ったのですが(都留重人『アメリカ遊学記』[岩波書店,1950年])。
 語学力を身に着けるために何が最善の方法かは人によって異なるので,同じやり方を進めるわけではないのですが,やはりある程度の読書量が必要なことは否定できないと思います。ということで,皆さんも,一度集中的に本を読むことに取り組んでみたらどうでしょうか。


多読チャレンジ 25冊達成者がでました!

25冊多読チャレンジ 達成者インタビュー
匿名希望
理工学部生物学科 1年次生

 2020年1月20日に多読チャレンジ25冊を達成されました。
 語学学習室に英語の本がたくさんあることを知り、もともと本が好きなので英語の本も読めるようになれたらと思い、多読に挑戦し、見事25冊を達成されました。
 自分のレベルにあったいろんな本を見て、好きなジャンルの本を選び、『The misadventures of Gaspard and Lisa』や『A to Z mysteries』のシリーズを楽しみながら読まれたそうです。
 多読を達成したことで、レベル3の本はスラスラと読むことができるようになったとお話しされていました。
 以下は、ご本人のアンケートによるものです。

○『多読チャレンジ』達成の感想を教えてください。または、『多読チャレンジ』達成の為に工夫した事を教えてください。

――達成できてほっとしました。始めは読むスピードがおそく、このままでは終わらないと思っていたので達成できたのはとてもうれしいです。
工夫したことは自分が楽しめる本を読むことです。

○『多読チャレンジ』を終えて実感した効果を教えてください。

――英語の授業での課題をする際に読むスピードが上がりました。今までは分からない単語があるたびに調べていましたが、多読法の分からないところは飛ばして読み進めることで内容理解もしっかりできるようになったと思います。

○現在チャレンジ中の『多読チャレンジャー』へメッセージをお願いします。

――続けるのはとても大変だと思います。楽しんで読むと英語が苦手でもどんどん読めるので、自分の楽しく読めるジャンルを知るのがいいと思います。


2020年度ブックカバー決定!

 2020年度に図書館で提供するブックカバーが、決定しました!
 2020年度ブックカバー製作者は、絵を描くことが好きで 中学・高校生の頃から体育祭のポスターや卒業文集の絵などを描いていた、とのことです。
 大学で絵を描く機会を探していたところ、図書館エントランスに掲示されていたポスターが目に留まり、応募してみよう!と思われたそうです。
 「空を飛ぶことが出来ないペンギンを飛ばせてみたい!」という思いと、「主張しすぎずシンプルに」ということを意識し、このブックカバーをデザインされました。
 2020年4月より、図書館での提供を予定しています!!
 甲南大学図書館のオリジナルブックカバーをお気に入りの本にかけて、読書の時間を楽しんでみませんか。