多読チャレンジ 50冊達成者インタビュー

50冊多読チャレンジ 達成者インタビュー
大野瑞姫(おおの みずき)さん
文学部 英語英米文学科 1年次生

2017年8月22日に50冊チャレンジを達成され、10月12日に表彰式を行いました。

 

 幼い頃から「英語」に触れてきたという大野さん。通学時間や授業の空き時間を利用して多読を進め、約半年で50冊コースを読破されました。 『多読チャレンジ』を進めていく中で、文中で気になったフレーズを覚えて実際に使うなど、身近な「言葉」として活きているようです。

以下は、ご本人のアンケートによるものです。

○『多読チャレンジ』達成の感想を教えてください。または、『多読チャレンジ』達成の為に工夫した事を教えてください。

 こつこつと読んできたのでとてもうれしいです。自分で内容の気になる本を探して読んでいました。

○『多読チャレンジ』を終えて実感した効果を教えてください。

 よく使われる単語が分かったことです。習っただけでは分からない事を学べました。

○チャレンジする図書はどのように選びましたか?図書館ブログや展示棚に紹介したBook Reviewは役に立ちましたか?

 自分で語学学習室に行って手に取って好みのものを探しました。

○現在チャレンジ中の『多読チャレンジャー』へメッセージをお願いします。

 自分で読んでいて楽しいと思える本を見つけてください。


電子書籍説明会@TSUTAYA BOOKSTORE

 2017年10月12日(木)、お昼休みを使って、職員や先生方を対象に電子書籍説明会を実施しました。講師は世界最大の学術出版社Elsevierや丸善雄松堂の方に依頼。今年後期より電子書籍を大学として本格導入するにあたり、概要や利用方法など、基本的な説明をしていただきました。
 場所はiCommons4階、TSUTAYA BOOKSTOREのカフェテラス。
 とてもきれいな場所で、iStaffの方もマイクやプロジェクター準備等会場設営にご協力くださり、静かなカフェテラスがイベント会場に早変わり。

 

 多数の方にご参加いただき、また本に囲まれた会場ということもあって、落ち着いた良い雰囲気の説明会となりました。
 ご参加いただいた方、スタッフの皆さん、ありがとうございました!
 現在導入されている電子書籍はMARUZEN eBook Libraryのみで数もまだまだ少ないですが、これからどんどん増えていく予定です。
 図書館HPの電子書籍ページや、OPACの検索結果からも閲覧可能ですので、是非利用してみてください!


企画展「時代を彩る雑誌」をエントランスホールにて展示しています

図書館では、図書以外に雑誌も閲覧できることはご存知でしょうか?

実は、「AERA」や「関西ウォーカー」など、固いものからやわらかいものまで、幅広い

ジャンルの雑誌を取り揃えています。

今回の企画展は「時代を彩る雑誌~雑誌創刊号~」と題し、図書館で現在閲覧可能な雑誌

や、すでに廃刊となった雑誌の創刊号を、図書館1階エントランスホールにて展示していま

す。いずれも卒業生の方より寄贈いただいた貴重なものばかりですので、図書館にお立ち

寄りの際はぜひご覧ください。

なお、10月1日(日)開催の秋期オープンキャンパス当日には、学外の方でもご見学いただ

けます。

 


青山義孝著 (文学部) 『盲壁の夢想 : エマソン/ホーソーン/メルヴィル 』

<教員自著紹介>
 本書では「無限への憬れ」をテーマに、十九世紀アメリカを代表する思想家エマソンと二人の小説家ホーソーンとメルヴィルを採り上げ、アメリカ・ロマン主義を考察しています。ロマン主義者の代表としてのエマソンに考察を加えたうえで、二人の反ロマン主義者ホーソーンとメルヴィルを対峙させながら、アメリカ・ロマン主義の相貌を浮かび上がらせています。 

■『盲壁の夢想 : エマソン/ホーソーン/メルヴィル
■青山義孝 デザインエッグ,2017年5月
■請求記号 930.28//2361
■配架場所 図書館1F 教員著作コーナー
■著者所属 文学部 教授

    


前田正子著 (マネジメント創造学部) 『大卒無業女性の憂鬱 : 彼女たちの働かない・働けない理由』

<教員自著紹介>
関西は女性の大学進学率が高いのに、無業の大卒女子が多いことをご存知ですか?
2016年3月でも9%近い大卒女性が進路未定の無業のまま大学を卒業しています。
さらに短期間で初職をやめてしまい、そのまま無業という人も少なくありません。
女性は無業でも、いずれ結婚するので問題はないのでしょうか?実は結婚や出産する確率が高いのも、無業や非正規より正規雇用の女性です。また結婚しても、「働くこと」の問題が解決するわけではありません。大学をでて無業の女性の状況について見てみましょう。

■『大卒無業女性の憂鬱 : 彼女たちの働かない・働けない理由
■前田正子  新泉社,2017年2月
■請求記号 366.38//2121
■配架場所 図書館1F 教員著作コーナー
■著者所属 マネジメント創造学部 教授

    


前田正子著 (マネジメント創造学部) 『保育園問題 : 待機児童、保育士不足、建設反対運動』

<教員自著紹介>
待機児童という言葉を聞いたことがありますか?保育園に入りたくても入れなか った子どもたちのことを言います。少子化が進んでいるというのに、なぜ待機児 童が減らないのでしょうか?「保育園を作って」という声もある一方で、保育園 の開設に反対する人たちもいます。また潜在保育士と言って、保育士の資格があ るのに働かない人がいるのはなぜでしょうか?本書では皆さんの疑問に一つずつ 答えていきます。
 

■『保育園問題 : 待機児童、保育士不足、建設反対運動
■前田正子  中央公論新社,2017年4月
■請求記号 S081.6/2429/29
■配架場所 図書館1F 教員著作コーナー
■著者所属 マネジメント創造学部 教授