高野 和明 著 『ジェノサイド』

 

経済学部  1年生  Mさんからのおすすめ本です。

書名 : ジェノサイド
著者 : 高野 和明 著
出版社:角川グループパブリッシング
出版年:2011年

 今回紹介する本は、高野和明の代表作であり、日本推理作家協会賞や山田風太郎賞など多数の賞を受賞した『ジェノサイド』である。題名である「ジェノサイド」は、大量殺戮や大量虐殺という意味の言葉である。しかし、本書のテーマは「人類の未来」となっており、その中で、人類のために何かに必死に取り組むひとが描かれている。

 本書は、世界を舞台にした、壮大で予測不能な、人類全体の平和をかけた物語である。アメリカ大統領はアフリカで新種の人類が誕生し、人類が滅亡の危機にあるという報告に対し、極秘の計画を進める。それと同時期に、アメリカ人傭兵のジョナサン・イエーガーは難病の息子の治療費のため、アフリカでの極秘任務に就くことを決断する。彼が知らされているのは「人類全体に奉仕する仕事」ということだけであった。さらに、日本では創薬科学専攻の大学院生である古賀研人のもとに、数日前に亡くなったはずの父から一通のメールが届く。それをきっかけに、研人は成功すれば10万人の命を救える難病治療の新薬を開発することになる。

 本書の見どころは、アフリカ、日本、アメリカでの場面が頻繁に切り替わり、展開していく点である。一見全くかかわりのない人々がなぜ繋がっているのか、なぜイエーガーと研人が選ばれたのか、交錯する物語の中で徐々に明らかになっていく。著者が脚本家としても活動していることもあるためか、まるで映画を見ているような感覚で読み進めることができる。また、アメリカが隠していた本当の目的、そして、死んだ父の成そうとしていたことが明らかになるとき、イエーガーと研人がどのような行動をとるのかも注目すべき点である。そこには、他人のために危険な選択をするという人間の優しさと素晴らしさが表現されている。

 以上のように本書には「ジェノサイド」という恐ろしい題名がつけられ、人類は「ジェノサイドを行う唯一の生物」であるとされている。しかし、同時に家族愛や友情なども描かれ、ハッピーエンドではないものの、読者が人類に対し希望を持てる終わり方になっている。「人間とは」ということを深く考えてみたい方に是非読んでいただきたい。


七月 隆文著 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする 』

 

知能情報学部  4年生  Iさんからのおすすめ本です。

書名 : ぼくは明日、昨日のきみとデートする
著者 : 七月 隆文 著
出版社:宝島社
出版年:2014年

南山高寿は、電車で一目惚れした人に声をかけて断られてしまい、帰ろうとすると本当に携帯を持っていないと伝えられる。そこから、話していくと同い年とわかり少し仲良くなり福寿愛美が立ち去っていった。そこから次の日も会うことができ無事連絡先を交換することができた。

文章越しではあるが、自分もドキドキしながら本を読んでいてどこか引き込まれるような感覚があった。そこからデートに行き、付き合いひとり暮らしを始めた高寿は、愛美にカレーを作ってもらうが実家の味がして隠し味も同じだった。ここで思い出すと、愛美が時々未来を予知することがあり不思議な感じがしていた。そこから、家でご飯を食べて愛美が帰った後家には手帳が残されていた。そこには、未来のことがぎっしりと書かれており、今までの愛美はそれをなぞって過ごしてきたと知る。

自分であれば、ショックで立ち直れないと感じたが主人公も同様にショックは受けたが最終的にそれでも良いから一緒にいたいと決心して過ごしていくのがすごく感動的だった。そこからは、決められたところにデートに行くが全力で楽しんでいるところが素敵だと感じた。

SFに近い内容の本で難しく読みにくいところもあったが今までにない設定だったから新鮮味を持って読むことができた。5年に一度40日間だけ同じ世界に来ることができるが時間の進む方向が逆のため高寿が5歳の時愛美は、35歳である。逆に高寿が35歳の時は愛美が5歳である。このような設定のため2人が同い年でいられるのは20歳の40日間だけである。このような切ない設定を知ったあともう一度最初から読むとまた違った捉え方ができる一冊となっている。


住野 よる著 『君の膵臓をたべたい』

知能情報学部   4年生  Iさんからのおすすめ本です。

書名 : 君の膵臓をたべたい
著者 : 住野 よる著
出版社:双葉社
出版年:2015年

始まりは、クラスの人気者山内桜良が書いていた「共病文庫」を拾って読んでしまった。日記には、膵臓の病気によって余命半年と書かれていた。彼女の「僕」に対する想いがどんどん変わっていく面白い小説だ。

設定として、人気者の山内桜良といつも本ばかり読んでいる「僕」というところで名前もなく僕となっているのが面白く感じた。しかし、登場人物によって呼び方が変わっていく。秘密を知っているクラスメイトや大人しい生徒、地味なクラスメイトと変わっていく。桜良の秘密を知ってからよく話しかけられるようになった。そして、デートに行くことになったが焼肉だった。膵臓の病気だが、ホルモンを好んで食べるジョークも混ざりつつ話が進んでいく。

恋愛ものと思っていたが、意外とジョークなども出てきて読みやすかった。九州旅行に行った際に、ホテルで酔った勢いに任せて本音を聞こうとゲームをする姿が可愛く高校生らしいと感じた。

映画を見てから本を読んだが、映画と変わらずに読みながら泣くことができました。特に本の最後の部分では映画とは異なる内容だったため余計に涙が出てきた。本を読んでいて映画に沿ったストーリだったが、また違った受け取り方ができた。是非、読んで欲しい一冊だ。


クリストファー・ピーターソン著 ; 宇野カオリ訳 『幸福だけが人生か? ポジティブ心理学55の科学的省察』

知能情報学部   3年生 Kさんからのおすすめ本です。

書名 : 幸福だけが人生か? ポジティブ心理学55の科学的省察
著者 : クリストファー・ピーターソン著 ; 宇野カオリ訳
出版社:春秋社
出版年:2016年

この本を選んだ理由はタイトルとしか言えません。
このタイトルを見た時、私はもちろん幸せになりたいけどポジティブに生きられた事は無いしこの性格が治ることは一生ない幸せにはなれないのかなと思ったけど、ポジティブに生きているからといって本当に幸せな未来を掴めるのかなとも少し自分でも考えてしまいました。大学で心理学を学んだことは無いですが、そこに触れることによって何か考え方や生き方が変わるかもしれないと思いとりあえず読んでみようと思いました。

著者であるクリストファー・ピーターソンは本書のタイトルにもあるポジティブ心理学の創始者のひとりで、心理学者として世界的に有名な方だそうです。

この本には幸せを研究対象とするポジティブ心理学についての研究結果が具体例と共に書かれていました。
米国の人気心理学サイト「サイコロジー・トゥディ」で大人気であった連載に最新の研究結果を織り交ぜ作成されています。良い生き方について、幸福はいいことなのか、不幸は悪いことなのかが基本的に中立の立場で書かれていました。

頑張ってポジティブになれるものでもないし、かと言ってネガティブなオーラを振りまいて他人を嫌な気持ちにさせたくないので、私はとりあえず表向きだけでもにこにこしてポジティブを装って生きています。なので、”できないならできるふりをすればいい”という引用には救われました。私のこの生き方は間違っていなかったのだなと思えました。

タイトルにある「幸福だけが人生か?」という問いかけに対する答えはどこにも書いて無かったけど、この本を通して私の中での答えはなんとなく見つかった気がします。ポジティブ思考の方も、ネガティブ思考の方も良い生き方について考えるいい機会になるので1度は読んでみる価値はあると思います。
とりあえず”良い一日”が自分に相応しいものだと思って生きてみようと思いました。


マネジメント創造学部 牧野 泰典先生へのインタビュー

マネジメント創造学部 3年生  西山 叶子さんが、マネジメント創造学部  牧野 泰典先生にインタビューを行いました。(KONAN ライブラリ サーティフィケイト)

Q.普段はどのような本を読むことが多いですか?

A.娯楽関係の本を除けば、労働社会学や労働経済学などの経済・経営関係の本です。

 

Q.本を買う時に重視しているポイントは何ですか?

A.“本当に興味のある本を吟味し、何回でも読めるような内容の濃いと思う本であるか”です。卒論やその後でも読める本を3~4冊購入して読み込めば、他の分野の内容も理解できるようになります。学生の場合、先生の教科書を買う必要があるかもしれませんが、それ以外ではそれほど買う必要はないと思います。これだと思った本を3~4冊買ってみたり、図書館で関連の文献を読み、一部コピーしたり、Amazonなどのネットサイトでカスタマーレビューを参照しながら興味のある本を探すなどの作業をすると良いと思います。

 

Q.どのくらいの頻度で本屋や図書館を利用しますか?

A.月に一度くらいになりました。仕事帰りに本屋に立ち寄りますが、最近は、閉店してしまった書店が増加していることや、大手の書店でもDVDコーナーなどが増え、研究書を扱う場所が減ったことが問題だと思います。

 

Q.現在の分野を専攻するきっかけとなった本はありますか?

A.トヨタの生産システムや日本企業における小集団活動を研究したいと思い、読み始めたのは、小山陽一編『巨大企業体制と労働者』 、職業・生活研究会編『企業社会と人間』、野原光・藤田栄史編『自動車産業と労働者』などの研究書です。個人の先生が書かれたものでは、仁田道夫『日本の労働者参加』 、熊沢誠『日本的経営の明暗』です。

 

Q.最近読んだ本で気に入っているものは何ですか?

A.まだ熟読できていませんが、熊沢誠『過労死・過労自殺の現代史』、熊沢誠『若者が働くとき』などです。

 

Q.大学生におすすめの本はありますか?また、その理由は何ですか?

A.特に本学の学生で労働問題に興味のある学生なら、熊沢誠先生の上記の『過労死・過労自殺の現代史』、 『若者が働くとき』『日本的経営の明暗』がおすすめです。 『日本的経営の明暗』では、仁田道夫先生の「鉄鋼業の「自主管理活動」」の論文を引用する形で熊沢先生が小集団活動(QCサークル)の問題点について「QC活動の明暗(上)(下)」という論文をお書きになっています。その時に、T社(トヨタと思われる)の研修帰りの社員が、ある会社で改善活動を提案したために、その会社の労働密度や負担が増加したことがあり、熊沢先生は「まことに他人迷惑なT社の研修帰りがいたものである!この社員は会社に残されたわずかに牧歌的な環境をなくすことに何の思いもないのだろうか」という批判と疑問を投げかけます。この文章の印象が忘れられず、日本の小集団活動の問題点について研究テーマにしたという経緯があります。熊沢先生については、甲南大学の先生だから紹介したということではありません。労働問題について、全国的に有名な熊沢先生が甲南大学名誉教授としていらっしゃるということです。本学は熊沢先生以外にも研究水準の高い先生がおられます。学生はぜひ、積極的に先生方に質問をしてください。もともと本を読むのが好きでなかった私が、熊沢先生をはじめとする労働問題の本について初めて面白いと思って夢中で読んだことを覚えています。興味のない本はどうしても面白くない。でも自分にとって面白いものは夢中になる。そのような本を見つけてください。

 

感想 :インタビューを通し、様々なお話を聞かせていただいたため、全ての内容を記載することは出来ませんでしたが、非常に有意義な時間になりました。牧野教授が熊沢誠先生の本に夢中になったように、私も、夢中になれるような本に出会いたいと思いました。

 

<牧野 泰典先生おすすめの本>

熊沢 誠 著 『過労死・過労自殺の現代史』 岩波書店,  2018年

熊沢 誠 著 『若者が働くとき』 ミネルヴァ書房,  2006年

熊沢 誠 著 『日本的経営の明暗』  筑摩書房 , 1998年

(インタビュアー:マネジメント創造学部 3年  西山 叶子 )


鳴海 邦匡 (文学部)『 地図(ものと人間の文化史 187) 』

<教員自著紹介>

この本は「ものと人間の文化史」シリーズの一冊として書きました。このシリーズは前から好きだったので、そこに並べてよかったです。ちなみに、シリーズ98冊目の『丸木船』(2001年刊)は出口先生(文学部歴史文化学科)によるものです。

ここで扱う地図は、具体的な場所に関わる事業を実行するために作成されたもので、主に近世までの事例を対象としています。いわばそうした「働く地図」に注目したのは、それが人や社会が土地や空間といかに関わってきたのかを示す資料と考えたからです。ぜひ、みなさんも手に取って読んでみて下さい。

■ 『 地図(ものと人間の文化史 187)
■ 鳴海 邦匡 著 , 法政大学出版局 , 2021.12
■ 請求記号 448.9//2137
■ 配架場所  図書館   1F 教員著作
■ 著者所属  鳴海 邦匡  (文学部)