月別アーカイブ: 2013年10月

「芸術の秋、美術館へ出かけてみませんか?」–特設コーナーで図書の展示を始めました。

$R1HJMIX.JPG
この秋関西では様々な展覧会が催されています。
それに合わせて展覧会に関連したいろんなジャンルの本を集めてみました。
あれこれ手に取って、ぜひ美術館へも出かけてみてくださいね。
これまで興味のなかったジャンルの展覧会を観に行くのも新しい発見があったり視野が広がったりして楽しいかもしれませんよ。
コーナーに設置している本の他にも、芸術・美術に関する本は2階の請求記号700番台の書架に、画集などは1階大型書架にあります。
$R302U2B.JPG
また、只今エントランスホールで展示中の写真家・植田正治の自伝や写真集も置いております。
皆さんは植田正治をご存じでしたか?
植田の独特の演出は『植田調(Ueda-cho)』と呼ばれ世界的にも有名です。
エントランスホールの展示と併せてぜひ本も手に取ってみてくださいね。


『失敗の本質 : 日本軍の組織論的研究』

図書館では、毎年、新入生の方向けに「お勧めの本」や読書法、図書館や本との付き合い方などを先生方に紹介して頂いています。
(紹介文は、「教員おすすめ」メニューから読むことができます。)
どの本も面白そう、と思っていたのですが、その中で経営学部の池田先生からお勧め頂いた本を読んでみました。

『失敗の本質 : 日本軍の組織論的研究』1984年
393.3//17 図書館 3階書庫一般

先生、これは難しいです! でも、すごく面白いです!

太平洋戦争で、「日本はなぜ負けたのか。」
物資不足だけではなく、ヒト・モノ・カネの使い方や、意思決定の流れ、つまり「組織」に致命的な欠陥があったのではないか、という仮説を検証した本です。
(読んでみると分かるのですが、これは大変な作業です・・。)

この『失敗の本質』が今、再び注目を集めています。
それは、東日本大震災という危機に対して、日本が再び「失敗」したからです。
(さらっと書きましたが、深刻な問題です。)
なぜ、日本人は危機的状況に弱いのか。
経営者を中心に、この問題に向き合おうとする人々が、この本を読んでいます。

でも、やはり、少し難しすぎる・・・という方のために、入門書が出版されました。
写真の一番上の本です。

『「超」入門 失敗の本質』2012年
391.3//2011 図書館1階開架一般

こちらは池田先生からはご紹介がありませんでしたが、初心者向き。
写真や図を使って「超」わかりやすく説明されているだけでなく、ビジネス現場での事例も取り上げられています。

そして、同じ2012年に、オリジナルの執筆陣からも、新しい『失敗の本質』が出版されました。(こちらの本が、池田先生お勧めの本です。)

『失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇』
391.3//2010 図書館1階開架一般

新たな執筆陣を加え、1984年に出版された後に判明した新事実も加えられています。
ビジネスの事例や現代社会への提言なども加えられており、より実践的になっていました。

初版を出版して以来、研究を続けてこられた編著者の野中先生は、リーダーシップの本質として突き当たったコンセプトは「フロネシス(賢慮・実践知)」であると記しています。
「フロネシスの中身を一言で言えば、個別具体の物事や背後にある複雑な関係性を見極めながら、社会の共通善の実現のために、適切な判断を素早く下しつつ、みずからも的確な行動をとることができる「実践知」のことをいう。そうした知を備えたリーダーがフロネティック・リーダーだ。」(まえがきより)
・・・一言で説明されるとよくわからないですよね。
ここから先は、読んでみてください。人生を変えられるかも知れませんよ。

失敗から学ぶことができなければ、新しい時代は作れない。
異質を取り込まなければ、イノベーション(革新)は生まれない。

「新たな環境変化に対応するために、自己革新能力を創造できるかどうかが問われているのである。」
(初版巻末より引用)

がんばりましょう!

(Konno)


エントランスホールで「植田正治生誕百年」の展示が始まりました。

2013年10月1日から図書館エントランスホールでは、
植田正治生誕百年に因んだ展示を行っております。
IMG_0575.JPG
植田正治は、演出写真という独特の手法で撮影した作品を多く残すとともに、
神戸のファッションメーカー”ワールド”のカタログの撮影、
福山雅治のCDジャケットの撮影などを手がけています。
IMG_0580.JPG
今回は植田正治が撮影したモノクロ写真とカラー写真を、
写真集とともに紹介しております。
また、福山雅治は植田正治との交流がキッカケとなり、
写真家としての活動も始めています。
IMG_0576.JPG
植田正治が撮影した福山雅治のCDジャケット、
福山雅治が撮影した植田正治の肖像などを展示しております。
今回は作品の紹介に併せて、フィルムカメラも展示しております。
植田正治が撮影した写真の世界をお楽しみください。


『第4回 読書マラソンの会』を開催しました。

clip_image002.JPG
9月27日(金)語学学習室において、『第4回 読書マラソンの会』を開催しました。
今回は集まった学生のうち2名から、「紹介してみたい本がある」という声が上がり、
おすすめ本の紹介が行われました。
その場で急にお話するのは難しいものですが、和やかなムードの中、
時おり雑談も交えながら学生とスタッフ合わせて計9冊の本が楽しく紹介されました。
参加者からは、「他の読書マラソン参加者と今まで会ったことがなかったので、
“仲間”に会えて楽しかった」等の声がありました。
『第5回 読書マラソンの会』は、10月31日(木)です。
あなたも“仲間”に入りませんか?
まだ読書マラソンに参加されていない方も大歓迎!
お友達を誘って是非参加してみてください。
おすすめ本の紹介者も募集中です☆