カテゴリー別アーカイブ: 9. KONAN ライブラリ サーティフィケイト

フロンティアサイエンス学部 村嶋貴之先生へのインタビュー

文学部 4年生 中西聖也さんが、フロンティアサイエンス学部の村嶋貴之先生にインタビューを行いました。(KONAN ライブラリ サーティフィケイト)

―本はよく読まれますか?

本は好きなのでよく読みます。最近は忙しいですが月に6冊程度、ミステリーや古めの純文学をよく読みます。最近はkindleで読むことが多いです。

―小さい頃はどんな本を読んでいましたか?

昔から僕は理科少年だったので、自然科学分野の本が好きでした。小学生の頃は図書館で借りて読んでいました。ホームズやルパンなども好んで読みました。

―化学の分野に興味をもったきっかけは何ですか?

 理科は全般的に好きでしたが、高校の化学の先生の影響はすごく受けたと思います。化学が苦手な子に対して、「有機化学は少し違う分野だから、頑張ったら化学が好きになるよ」と教えていて、実際に大学の講義では、これまでの暗記する化学とは違う印象を受けました。自分の手を動かして新しいものを作り出せることにも興味を持ったので、有機合成を選びました。

―現在図書館長に就かれていますが、何か展望はありますか。

 現在は本棚が埋まってしまっている状態なので、大学生が本当に必要としている、役に立つ本を選べるように学生たちの意見を取り入れていきたいと考えています。

―有機合成化学に興味がある方、一般的な大学生に薦める本をそれぞれ一冊ずつ教えてください。

 有機化学に興味がある方にはピーター・サイクスの『A Guidebook to Mechanism in Organic Chemistry』(『有機反応機構』)。僕が学生の頃に「この本を読んだら絶対有機化学が好きになる!」と学生同士で言っていて、自主ゼミで輪読していました。大学生の中でも新入生には、梅棹忠夫『知的生産の技術』。知的なことを生み出すために、日頃どういうことを実践したらいいかなど、論理的にものを考える方法が具体的に書かれています。

―インタビューを終えて

 私はずっと文系の道を歩いてきたので、理系の方の話を聞けるのはとても新鮮なことでした。物心ついた時から理科が好きだったと話されていて、学問への好奇心の大きさに驚きました。図書館の展望についてもお話いただき、とても貴重な経験となりました。

 

<村嶋貴之先生おすすめの本> 
  ピーター・サイクス/久保田尚志著  『有機反応機構(第5版)』 東京化学同人,1984年

 梅棹 忠夫著  『知的生産の技術』 岩波新書,1969年
  

  
  

(インタビュアー:文学部 4年 中西聖也)


KSC主催 第9回製本教室 豆本(和本)について

 2018年3月22日(木)に製本教室を開催し、豆本*(和本の四つ目綴じ)を制作しました。
 材料は、試行錯誤を重ね本学のオリジナル版となりました。
 本文の罫線を消しゴムハンコ作成、押印し、表紙は杉原和紙を用いました。本文に和紙の角切れを貼り、最後に絹糸で四つ目綴じを行いました。

 豆本という小さいサイズの本でしたが、参加者が要領よく作業は着々と進みました。
 終了後、参加の学生からは「楽しかったです!」との意見をいただきました。

今後も題材を変えて開催を予定しています。
“本を作る”という作業を皆さんも体験してみませんか。

*豆本とは、掌サイズの本の総称です。


KONANサーティフィケイト4年生授与式

 3月7日に、今年卒業する4年生のKONANサーティフィケイト認定者を対象に、授与式を開催しました。
 iCommonsで学長から祝辞と表彰状が授与され、

 そのまま食堂で茶話会へ。先生方と学生、職員で和やかに談話、また一人ずつ感想をもらいながら賞状と記念品授与。ケーキもとても美味しかったです!


 最後は全員で記念撮影。皆さん、認定おめでとうございます!


学生企画による児童文学の特設コーナー設置中!

 現在、図書館入館ゲート入ってすぐのところに、学生企画による児童文学の特設コーナーが設置されています!
 ポップと一緒に本が展示されていますので、児童文学に興味のある方はぜひ手に取って読んでみてください。そのまま貸出も可能です!

『児童文学の世界から読書を始めよう』
小中学生の頃に親しんだ、 児童文学の世界から読書を始めてみませんか。
児童文学とは、 0歳から10代の読み手や聞き手を対象とした文学作品のジャンルです。
懐かしの、 子どものために書かれた本を、 大人になった今読み返して、 魅力を再発見してみませんか。
児童文学作家の書いた、一般向けの作品とは どのようなものなのでしょうか。
児童文学作品や児童文学作家の一般書を展示することを通して、読書の魅力を再発見して頂ければ幸いです。(特設コーナー展示ポスターより)

↓は学生さん主導での展示設置作業風景。作業時間は約3時間、お疲れ様でした。


長月達平 『Re:ゼロから始める異世界生活12』

  知能情報学部 3年生 匿名さんからのおすすめ本です。(KONAN ライブラリ サーティフィケイト)

書名:Re:ゼロから始める異世界生活12
著者:長月達平
出版社:KADOKAWA
出版年:2017年

 

私が今回選んだのは「Re:ゼロから始める異世界生活」というライトノーベルの12巻です。この作品は主人公の菜月スバルがある日夜中コンビニから帰っているところ、脳内に何か声が聞こえ異世界に召喚されてしまうことから始まる、異世界ファンタジーとなっています。その召喚された世界でスバルはなぜか一度死んだら、生き返るという「死に戻り」という能力を手にすることになります。この能力を駆使しスバルはあらゆる困難に立ち向かっていくわけですが、この能力は、かなり特殊で自らが死に戻りしているということを言うことができないという、かなり厄介なものでした。物語でスバルは何度もこの死に戻りの能力を使うことになります。そして苦悩し、少しずつ前に進もうとします。この物語の最大の見どころは、スバルが何度も死に戻りすることで、スバル自身が病んでしまい、精神が壊れていく様が描かれているところです。普通の人間は、1回死ぬと二度と生き返ることはできません。しかし、スバルは自らが望んだわけではない能力により死に戻り、苦悩し葛藤します。その様はほかのどんな小説にもない、この物語の大きな特徴だと思います。そして、この12巻ではスバルは聖域という場所にとらわれた仲間を助けるために試練に挑むことになります。そこでは今まで触れてこなかった、菜月スバルという己と深く見つめあう場面が何度もあります。そこでのスバル自身の成長が12巻では一番の見どころだと私は思いました。

このようにこの作品では普段体験することのできない心情を味わうことのできるとても素晴らしいものだと思います。私はこの書評も見た人にはぜひ私と同じ体験をしてほしいと思います。これを読むことで、普段の生き方が少し変わるかもしれません。それぐらいこの作品には影響力があると思います。これを見た人は、この作品を見たら一度手に取ってみるのはいかがでしょうか。

 


現在、学生企画による書評展示を開催中!

 現在、KONAN ライブラリ サーティフィケイトの1級要件である企画として、日本語日本文学科4年生、中西聖也さんの企画展示『読書の扉 明日への扉』(1/23~2/8)を、iCommons2階学生部前にて開催中です!

 自身の書評だけでなくこれまで投稿された教員や学生のおすすめ本の書評をまとめ、きれいに展示してくれました。

 展示されているおすすめ本は、 iCommons4Fや学友会館のTSUTAYAさんで購入することもできるように手配しております(生協会員割引もお得ですよ!)ので、気になった人はぜひ買って読んでみてくださいね。

展示の詳細はこちら