講座No.02夏期公開講座

コンピュータに機械学習させてみよう!
−AIソフトウェアにビッグデータを与え、成果をみる−

 近頃、チェス、将棋、囲碁などのゲームで、コンピュータが人間を打ち負かしたことが、しばしばニュースとして取り上げられています。コンピュータの能力と人工知能(Artificial Intelligence)の発達により、プロの敗れる場面が現実のものとなりつつあります。はたして、進化するAIに人間が白旗を揚げる日(シンギュラリティ)は、やってくるのでしょうか。
 今回のパソコン教室では、いくつか出回っているフリー(無料)のAIソフトウェアを用いて、機械学習、すなわち機械(コンピュータ)が学習するとはいったいどういうことなのか、深層学習の真相(?)について探っていただきます。
 パソコン上で、様々な分野の大量のデータをAIソフトに与えて学習させ、ラベル(判断結果)を求めてみます。パソコンの能力が低く、人間ほど賢くはならないので、うまく行かないときがあるかもしれませんが、いろいろとチャレンジしてみてください。

開催日時

9/2(土)・3(日) 全2回
10:00〜15:40(340分間)


9月2日(土)

1 時 限
10:00〜11:30
(1時間 昼休憩)

AI研究開発の歴史と応用

実用化された人工知能が注目を集めていますが、その歴史は以外と古く、1950年代にさかのぼります。人工知能の歴史とそのしくみ、現時点でどのような応用に向けての開発が行われているのかなど、概要について解説します。

2 時 限
12:30〜14:00

身長と体重データから肥満度を判定させてみよう

ご存じのように、肥満度は身長と体重からBMIを求めることにより算出できます。乱数を使って多数の「身長、体重、肥満度」データを作り出し、それをAIソフトウェアに入力し学習させてみます。学習後、適当なデータを入力し、判断結果を確かめてみてください。

3 時 限
14:10〜15:40

ビッグデータから学習データを作成しよう

ここでは、みなさんそれぞれに機械学習のテーマを考えてもらいます。インターネット上にあるビッグデータ、あるいは2時間目のように乱数を発生させて学習データを作り出し、AIソフトウェアに入力。学習方法を指示して学習を始めます。

9月3日(日)

1・2 時 限
10:00〜14:00
(1時間 昼休憩)

学習成果を確かめてみよう

パソコンがどの程度学習したのか、データを入力し確かめてみてください。うまくいった方は新たなテーマを設定し、ダメだった方は機械学習の設定を変更するなどして、再度トライしてみてください。

3 時 限
14:10〜15:40

学習成果を発表しよう

各自、テーマ設定の背景と機械学習の成果について発表していただきます。

講 師共通教育センター
教授 鳩貝耕一 ・ 准教授 篠田有史

募集概要

定 員30名 ※募集定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
対象者一般社会人・学生(高校生以上)
会 場2号館 5階 251講義室
受講料5,000円/全2回(テキスト代・消費税含む)
参加条件パソコンの使用経験がある方

※割引対象の講座です。詳細は、[受講料の割引について]をご確認ください。

申込期間

2017年8月7日(月)〜8月18日(金) 消印有効
※ホームページでは、8月7日(月)午前10時より受付開始。

申込方法

ハガキ又はホームページにてお申し込みください。
申し込み受付後、受講に関するご案内を郵送いたします。受講料は案内に記載の指定日までに指定口座に納入していただきます。
※定員になり次第締切ります。お申し込み多数の場合は、ご記入を完備されている方を優先させていただいておりますので、あらかじめご了承ください。

[ハガキでのお申込み]

@「夏期公開講座」受講申込 A郵便番号 B住所 C氏名(ふりがな) D年齢 E性別 F電話番号

@〜Fをハガキにご記入の上、下記宛先にお申し込みください。
1枚のハガキに1名様のみご記入ください。
8月7日(月)より前の消印のハガキは、受け付けられないこともあります。

[ホームページでのお申込み]

※申込受付を終了いたしました。

申込みフォームへ


申込・お問合せ先

甲南大学 地域連携センター
〒658-8501 神戸市東灘区岡本8丁目9番1号
TEL:078-435-2276(直通)