フロンティアサイエンス学部

フロンティアサイエンス学部

  • フロンティアサイエンス学部
  • FACULTY OF FRONTIERS OF INNOVATIVE RESEARCH
    IN SCIENCE AND TECHNOLOGY(FIRST)
枠にとらわれない柔軟な発想で
未来を拓く。
フロンティアサイエンス学部

フロンティアサイエンス学部の学び

「研究を学ぶ」と「研究で学ぶ」。
この2つをキーワードに学びを展開し、研究力を養う。

生命化学について広く、深く学ぶフロンティアサイエンス学部(FIRST)。学びのキーワードは「研究を学ぶ」と「研究で学ぶ」です。「研究を学ぶ」とは、生命化学の知識や研究技術などを講義や研究を通じて修得すること。「研究で学ぶ」とは、実験や研究活動、課外活動などを通じて社会で必要とされる力を身につけること。未知の現象を解明していくなかで、“発想する力”、“計画する力”、“実行する力”、“解析・考察する力”、“表現する力”など総合的な力が身につくのです。

フロンティアサイエンス学部で身につく力

  • 基盤力

  • パワーの源は知的好奇心。そして物事に対する幅広い知識と常識を両輪に、教養をしっかりと身につけます。

  • 協働力

  • 実験や研究は一人ではできません。正しい倫理観と責任を負って自分を律し、周りのメンバーと協調・協同して物事を進めることが大切です。

  • 専門力

  • フロンティア的発想・企画で、進化し続ける専門分野の変化に対応する力、そのベースとなる生命化学分野の基本的な知識も重要です。

  • 発表力

  • 研究成果をわかりやすく第三者に説明し、理解させる技術を学び、自分の考えや意見をしっかりと伝える力を身につけます。

  • 国際力

  • 世界を舞台に活躍できる研究者となるためには、科学英語を駆使してコミュニケーションできる力をつける必要があります。

学びの領域

ナノバイオテクノロジー(生命化学)を中心に、 人や社会に役立つ知識や技術を学び、発想力を育む。

学びの領域

フロンティアサイエンス学部学科一覧

STUDENT VOICE

私が甲南大学を選んだ理由

集中しやすい環境で幅広く学べた
とても密度の高い日々

4年次 髙嶋 美月さん 大阪・私立関西大倉高校 出身

4年次 髙嶋 美月さん
家が岡本キャンパスに近く、ずっと雰囲気の良い大学だなと思っていたんです。受験のときにFIRSTの存在を知り、生命化学に興味があったので入学しました。実験やレポートが多くて想像以上に忙しい大学生活ですけど、自分の部屋みたいなマイラボもあって、勉強に集中しやすい環境です。先生との距離が近く、少人数なので友人もできやすいため充実した毎日です。FIRSTでの幅広い4年間の学びを基盤にして来年からは大学院に進み、将来は医薬品関係の研究者になりたいと思っています。

関連リンク

PAGE TOP