知能情報学部

知能情報学部

  • 知能情報学部
  • FACULTY OF INTELLIGENCE AND INFORMATICS
情報社会を人間の
感性と知性でもっと豊かに。
知能情報学部

知能情報学部の学び

体験型・双方向型のカリキュラムで、知識や技術はもちろん人間力も磨きます。

学んだことを自分の目で確認できる演習・実習のような体験型授業と、教員と学生、あるいは学生同士が議論しながら進めていく双方向型授業。知能情報学部では、こうした密度の高いカリキュラムを1年次から卒業まで実施。高度なシミュレータやMRIなど、他大学の情報系学部ではほとんど見ない最新装置を使って研究できる環境も大きな特長です。

知能情報学部で身につく力

  • 問題解決力

  • 「知能」と「情報」に関する深い理解と、チームで力をあわせて課題に取り組むプロセスから、高い問題解決能力を養います。

  • 幅広い教養力

  • コンピュータや数学、知能情報学についての専門知識はもちろん、人間、社会、歴史、文化などへの幅広い教養も身につきます。

  • プレゼンテーション力

  • 自分の力で問題を発見・解決し、さらにその成果をしっかりと表現し、伝達できる。 そんなプレゼンテーションの力も高めます。

  • 人間力・コミュニケーション力

  • 学部での研究の根底テーマに「人」があるからこそ、学生自身の人間力を育みつつ、人と人とのコミュニケーション力も磨かれます。

  • プログラミング力

  • シミュレーションであれ、ロボットであれ、研究開発の基盤となるプログラミングの技術を、基礎から実践まで体系的に学べます。

学びの領域

3つの領域を専門的に、あるいは横断的に学べます。

1年次では情報科学や数学の基礎を学修し、2年次からはwebコミュニケーション、ヒューマンインテリジェンス、マシンインテリジェンスという3つのコースの1つを選択し、それぞれのより専門的な学びを深めます。

学びの領域

知能情報学部学科一覧

STUDENT VOICE

私が甲南大学を選んだ理由

座学での学びを生かせる演習が楽しい!

4年次 藤野 有紀子さん 兵庫・私立松陰高校高校 出身

4年次 藤野 有紀子さん
高校時代、プロジェクションマッピングに興味をもち、情報分野に進学したいと考えました。甲南大学に決めたのは、スマートフォンの登場でより身近になった「情報」を学べる学部があると知ったからです。授業は少人数制なので、わからないことがあればすぐに質問し、理解を深めることができます。また、演習が多く、学んだことを経験し確実に身につけることができるのもこの学科の特長です。情報分野で活躍していくためにしっかりと勉強し、資格取得などもめざしたいと思います。

PAGE TOP