ニュース

2018/01/12
メディア

【読売新聞:1/11】関西経済特集で稲田副学長がコメント

 2017年1月11日付け、読売新聞(朝刊・6面)の関西経済特集で、副学長の稲田義久教授(経済学部)のコメントが紹介されています。
 「訪日観光 神戸が苦戦」と題する記事の中で、訪日客の経済効果を分析する稲田教授は、「神戸の三宮、元町は日本人が行く国内ブランド。外国人向けのコンテンツが足りない。『アジア人に魅力的な街づくり』を掲げるなどブランドイメージの改革が必要だ」と指摘しています。

ニュースカテゴリ

PAGE TOP