ニュース

2018/11/29
TOPICS

【理工学部】(ネットワークキャンパス東京)理工学部冨永教授がオトナ大学で講演〈11/23〉

ネットワークキャンパス東京が入居しているサピアタワーでは、毎年JR東日本ビルディング主催の「東京オトナ大学」を首都圏在住の一般の方向けに行っています。オトナ大学では、基調講演のほかにサピアタワー入居大学による講演も行い、甲南大学も毎年参加しています。今年は1123日(金)に理工学部の冨永教授が「時空のさざなみ~重力波天文学の世界へ~」とのタイトルの下、講演を行いました。講演は事前申込制でしたが受付後すぐに満席となり、また例年より広い部屋での講義だったため定員を超える50名近い方が参加されました。

講演では発見の困難な重力波をいかにして測定できたか・・冨永教授自身の観測記録も踏まえながら、詳細な説明から重力波天文学への広がりまでを分かりやすく解説し、多くのスライドを使っての講演に集まった方々は非常に興味深く耳を傾けておられました。その後の質疑応答では、物理学、ビッグバン、中性子・・と様々な分野での質問が相次ぎ、冨永教授の丁寧な説明もあり、講演時間を延長しての質疑応答となり、盛況の裡にオトナ大学を終了致しました。

オトナ大学は来年も同じ時期に開催される予定です。皆様のご参加をお待ちしています。


 
ニュースカテゴリ

PAGE TOP