学園・大学

学園・大学

教育に関する方針

教育基本方針、卒業認定・学位授与の方針、教育課程編成・実施の方針、学生受入れの方針

人文科学研究科

甲南大学大学院人文科学研究科における教育基本方針

 甲南大学大学院人文科学研究科では、4専攻の人文科学の専門領域において、それぞれの分野における専門的知識、技能を教授することにより、【修士課程】では、より深い教養と専門知識、技能を身につけた自立した研究者や、実社会に貢献しうる専門的知識、能力を身につけた高度専門職業人の養成を教育の基本方針としています。また、【博士後期課程】では、最先端の専門知識、技能を身につけ博士論文を作成しうる自立した研究者を育成するとともに、より深い専門的知識、技能を身につけた、高度専門職業人として活躍しうる人材の育成を目標としています。

甲南大学大学院人文科学研究科 修了認定・学位授与の方針

 甲南大学大学院は、大学院学則第1条に定める、甲南大学の教育精神に基づいて育成された一般的及び専門的教養を基盤として、学術の理論と応用を教授研究し、その深奥をきわめ、又は高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培い、人類文化の向上発展と社会福祉の増進に貢献することを目的としています。人文科学研究科においては、本研究科の教育基本方針のもと、下記の能力・資質を身につけ、社会及び学術の発展・向上に寄与できる人材の育成を教育目標としています。課程の修了にあたっては、人文科学研究科の定める期間在学し、4つの専攻がそれぞれに定める修了必要単位を取得のうえ、論文等の審査及び最終試験に合格した者に学位を授与します。

【修士課程】
  1. 人文科学の4つの専門領域・分野における高度専門職業人又は自立した研究者として必要な能力を有しています。
  2. 専門的知識・技能と、人文諸科学を横断する研究を通じて得られた視野の広さを持ち、高い倫理観を備えています。
【博士後期課程】
  1.  人文科学の4つの専門領域・分野それぞれにおいて高度に専門的な業務に従事する者に求められる卓越した能力と、研究者として高度に独創的な研究を行う能力を有しています。
  2. 1の基礎となる豊かな学識と深い専門的知識・技能を修得し、高い倫理観を備えています。
甲南大学大学院人文科学研究科 教育課程編成・実施の方針

 4専攻2専修を擁し多様性と総合性を特徴とする人文科学研究科では、多岐にわたる専門領域の科目群を体系的に配したカリキュラムを編成し、本学大学院が学位授与の方針に掲げる能力・資質を修得させることをめざします。各専攻では講義、演習、実習を系統的かつ適切に組み合わせ、修了認定・学位授与の方針と各科目の関係性及び到達目標を示すカリキュラムマップ、カリキュラムの体系性・系統性を示すカリキュラムツリーを提示し、カリキュラムの構造をわかりやすく明示したうえで、学位論文等の作成指導を行います。

 カリキュラムは、到達目標に定める学生の知識・能力の修得状況を検証することにより、組織的かつ定期的に見直し・改善を行います。

 教育内容、教育方法、評価については以下のように定めます。

【修士課程】
1)教育内容

 人文諸科学それぞれの専門領域における高度専門職業人又は自立した研究者に求められる能力の習得に向けて、指導教員を中心とする組織的研究指導体制を整え、専門的知識・技能に加え視野の広さと高い倫理感を備えた人材の育成が可能となる教育課程を編成し、実施します。

2)教育方法
  1. 修士課程の教育は、上に掲げた教育内容を、専攻の枠を越えて開講される横断科目も含む授業及び研究指導によって行います。
  2. 授業は、講義、演習、実習のいずれかにより、又はこれらの併用により実施します。
  3. 修士(文学又は社会学)の学位取得に導くため、指導教員による演習と個別指導を中心とした研究指導を実施します。
3)評価
  1. 単位の認定については、大学院学則第9条に基づき、筆記試験、口述試験、報告等及び各科目のシラバスに定める方法によって学期末又は学年末に評価します 。
  2. 修士論文の審査及び最終試験は、各専攻の定める審査基準に示された方法により行い、その結果に基づき合否を判定します。
【博士後期課程】
1)教育内容

 日本文学、日本語学、英米文学・文化、英語学、社会学、文化人類学、歴史学、地理学、民俗学、臨床心理、環境・芸術・思想の各専門領域において、研究者として独創的な研究活動を展開する能力又は高度専門職業人として活躍し得る卓越した能力の習得へと導くべく、組織的な研究指導体制を整え、深い専門的知識・技能に加えて豊かな学識と倫理観が身につく教育課程を編成し、実施します。

2)教育方法
  1. 博士後期課程の教育は、上に掲げた教育内容を、授業及び研究指導により行います。
  2. 授業は、講義、演習、実習のいずれかにより、又はこれらの併用により実施します。
  3. 研究指導は、各専攻の研究指導教員が担当する演習及び個別指導により実施し、博士(文学又は社会学)の学位取得に導きます。
3)評価
  1. 単位の認定については、大学院学則第9条に基づき、筆記試験、口述試験、報告等及び各科目のシラバスに定める方法によって学期末又は学年末に評価します。
  2. 博士論文の審査及び最終試験は、各専攻の定める審査基準に示された方法により行い、その結果に基づき合否を判定します。
甲南大学大学院人文科学研究科 学生受入れの方針
【修士課程】

 人文科学研究科修士課程では、人文科学の4つの領域における幅広く高度な専門的知識・技能及び研究能力を有し、高度専門職業人に求められる視野の広さと高い倫理観を備え、社会及び学術の発展・向上にリーダーとして寄与できる人材を養成するため、下記の能力・資質・意欲をもつ学生を求めます。

  1. 人文科学分野における高度な専門的知識・技能を習得するため、大学または相当する教育機関において、人文科学に関する幅広く基礎的な学力を身につけている。
  2. 人文科学分野における研究能力を培うために、基礎を固めつつ応用力も鍛え、人文諸科学を横断する幅広く高度な専門的知識・技能を主体的に身につけようとする意欲をもっている。
  3. 人文科学分野において、高度専門職業人に求められる視野の広さと高い倫理観を備え、社会及び学術の発展に貢献する意欲と積極性をもっている。
【博士後期課程】

 人文科学研究科博士後期課程では、人文科学の4つの領域における深く高度な専門的知識・技能を習得し、それぞれの領域における独創的で卓越した研究能力を有し、高い倫理観を備えて学術の発展・向上に寄与できる研究者または高度専門職業人を養成するため、下記の能力・資質・意欲をもつ学生を求めます。

  1. 人文科学分野における深く高度な専門的知識・技能を習得するため、大学院修士課程または相当する研究機関において、人文諸科学に関する幅広い学識を身につけている。
  2. 人文科学分野において、独創的な研究を展開する自立した研究者または高度専門職業人になるため、豊かな学識と技能を身につけようとする主体性と意欲をもっている。
  3. 人文科学分野において、研究者または高度専門職業人に求められる卓越した能力と高い倫理観を備え、学界及び社会の発展に貢献する意欲をもっている。
<各研究科の学生受入れの方針>
大学院における教育に関する方針、カリキュラムマップ、カリキュラムツリー

PAGE TOP