ニュース

2018/10/12
TOPICS

【理工学部】宇宙粒子研究室が参加する大型望遠鏡が完成

 甲南大学の理工学部物理学科・宇宙粒子研究室が参加しているチェレンコフ望遠鏡アレイCTA計画の大口径望遠鏡1号機が完成し、記念式典が10月10日午後(日本時間の10日夜)にカナリア諸島の天文台で行われました。
 口径23 mの巨大望遠鏡を複数建設し宇宙の高エネルギー現象を観測する国際共同実験で、甲南大学はこの望遠鏡のカメラの開発を担当しました。
 詳細は、東京大学宇宙線研究所プレスリリース>>>をご覧ください。

ニュースカテゴリ

PAGE TOP