ニュース

2019/07/09
講演会・シンポジウム

2019年度講演会・シンポジウム 甲南学園創立百周年記念 甲南大学学生相談室特別公開シンポジウム「テクノロジーと学生相談の融合―近未来のキャンパス・カウンセリング」(お申し込み方法)

甲南学園創立百周年記念 甲南大学学生相談室特別公開シンポジウム

「テクノロジーと学生相談の融合—近未来のキャンパス・カウンセリング」 

甲南学園が創立100周年を迎え、臨床心理学の専門性を基礎に開設された本学の学生相談室が30周年を迎える節目の年に、特別公開シンポジウムを行います。わが国の学生相談界において先駆的な取り組みを続ける講師・シンポジストをお招きして、来場者と共に、学生相談の今後の発展について考えてみたいと思います。ご都合のつく方は、ぜひご参加ください。

 

第1部 基調講演「近未来のキャンパス・カウンセリング」

講師:杉原 保史(すぎはら やすし) 氏    (京都大学学生総合支援センター長)

京都大学教育学部、京都大学大学院教育学研究科にて臨床心理学を学ぶ。大谷大学文学部専任講師、京都大学保健管理センター講師等を経て、京都大学学生総合支援センター教授。1996年より現在まで20年以上にわたり京都大学で学生相談に携わる。青年期の心理的問題を専門としているほか、心理療法への統合的アプローチに取り組み、伝統に縛られず現代のクライエントにより効果的な心理療法のあり方を幅広く探求している。主著:「SNSカウンセリングハンドブック」(共編著)、「プロカウンセラーの共感の技術」他、多数。

 

第2部 シンポジウム「学生相談におけるテクノロジーの活用」

シンポジスト 

高野 明(たかの あきら)氏(東京大学学生相談ネットワーク本部・学生相談所長・ピアサポートルーム室長)

堀田 亮(ほりた りょう)氏(岐阜大学保健管理センター)

吉村 麻奈美(よしむら まなみ)氏(京都大学学生総合支援センター長)

指定討論 杉原 保史(すぎはら やすし)氏(京都大学学生総合支援センター長)

 

日時:201999日(月)13時00分~16時30分(12時30分受付開始)

会場:18号館3F(講演室)

定員:100名(先着順)

 

参加申し込み方法: 

お申し込みはこちらです。 

申込期日:8月30日(金)までに必要事項と連絡事項欄に【100周年シンポ参加希望】と入力の上お申し込みください。 

 

※下記問い合わせ先への電話による申し込みも受け付けていますが、開室時間にご注意ください。 

  • 問い合わせ先:

学生相談室 078-411-4647

(月~金 10:00~17:00  土 10:00~12:00)

カウンセリングセンター・人間科学研究所事務室 078-453-6104

(月~金 9:00~17:00  土 9:00~13:00)

チラシはこちら↓

甲南大学学生相談室特別公開シンポジウム
テクノロジーと学生相談の融合ー近未来のキャンパス・カウンセリング

 

 

 

 

ニュースカテゴリ

PAGE TOP